CATEYE CC-TR200の組み付けです。

小径車では、クランクと後輪の位置関係上、ケイデンス付きサイクロコンピュータの組み付けは一考を要します。

今回はBSモールトンの場合です。

送信機を分解、速度センサーを分離・延長いたしました。この製品は送受信距離が長いため、動作も問題なく、お客様もご満足頂くことができました。

タグ: ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. 盛豚 より:

    いつも無理難題ばかり言ってすみません。 以前から、ケイデンスメーター付きのサイクルコンピューターが欲しかったのですが、ご存知の通りBSモールトンに関しては、センサー関係がネックとなっていましたので…。
    テルミニさんでは、この様なワンオフ対応の柔軟性に優れていますので、非常に助かります。 昨夜の帰路で早速テストしてみましたが、結果はGoodでした! また宜しくお願いしますね。

  2. miyazaki より:

    >盛豚さま
    いつもお世話になっております。ご満足頂けてこちらも嬉しく思っております。無理難題(笑)大歓迎ですので、いつでもお気軽にご相談くださいませ!

コメントをどうぞ