Brompton ヒンジ 破損事例です。

201405022

さてさて、連休ということもございますでしょうか、本日ご来店のお客様、ちょっとご無沙汰いたしております、とご挨拶もそこそこに、ご愛用のBromptonのステム側ヒンジが、どうもぐらついているとのこと。じっくりと拝見してみますと、社外品のクランプへ交換され、シャフト部にスプリングが組み付けられておりました。しかもそのスプリングを巻き込んでしまい、シャフトへまとわりついてしまっている状況。以前にもFacebookページにて記しておりましたが、スプリングを入れてしまうことで、ネジの締めつけにより本来はクランプが締めつけられ、かつヒンジ面圧を必要十分に確保する、という構造のはずが、ヒンジがスプリングを押さえつけてしまい、確実に閉じられていませんでした。そしてヒンジが緩いままでお乗りいただいた結果、画像の右端のヒンジ軸が飛び出してしきてまっております。この部分にもわずかにガタが生じてしまっており、ステムは交換を要する作業となりました。もちろんヒンジクランプは純正へ戻しました。

今回の原因としては、①シャフト部へスプリングが挿入されていること、②社外品のクランプをご使用されていたこと、の2点がございます。①は上記の理由でヒンジ固定力が不足。②は社外品である以上、Brompton社から図面提供を受けていなければ、Brompton社の設計寸法とは異なった製品となります。角度は?寸法は?純正品の使用素材は?・・・以前にも記しましたがこの部分はクラッシャブルゾーンとも言うべき緩衝部品。フレームの破損を未然に防ぐべく、定期的な交換を推奨されている部品です。ジュラルミンなど必要以上に強度を持たせてしまうと問題が生じる可能性は否定できません。

当店におきましては、外観などのドレスアップ部分につきましては、お客様の嗜好に合わせて色々とご提案などさせていただくこともございますが、フレーム根幹にかかわる部品(特にヒンジクランプ、シートクランプなど)はできるだけ純正品をお勧めしております。

※お問い合わせはこちらから → こちら

※当店ロゴステッカー配布中です → こちら dahon
※現時点での在庫状況はこちら → こちら※5/2更新! 大阪 ブロンプトン
※当店オリジナル・Brompton専用フロントハブ完成! → こちら Brompton
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら

タグ: , ,

コメント / トラックバック 5 件

  1. ゆっきょ より:

    ステム・フレームの折り畳み部分は大事ですよね。「走ってる最中に突然壊れて折れてしまったらどうなるか」というのを想像してみると良く分かるかと思いますが、命を預けている部分のように思いますし、そういう部分は安易に手出しする気にはなれないですね。

    純正品の信頼性、信頼できるお店やメンテナーさん。欠かせません。

  2. miyazaki より:

    >ゆっきょさま
    いつも大変お世話になっております。今回はBromptonでの事例ですが、簡便な構造ゆえに社外品が発売されてしまっている、あるいは自作されている方がいらっしゃる、という現状がございますね。
    しかしながら、やはり長きにわたって基本仕様が変わっていないBromptonのことですから、純正品の設計レベルの高さ、その重要性を再確認していただければ、と思っております。
    いつもありがとうございます。

  3. Bromptonの折りたたみヒンジクランプは純正でないといけない理由 | シクロライダー より:

    […] Brompton ヒンジ 破損事例です。bicitermini.com Brompton ヒンジクランプの重要性。bicitermini.com Brompton ヒンジクランプ交換です。bicitermini.com […]

  4. Bromptonのバネ入りカスタムクランプを入れた場合の問題をまとめてみた | シクロライダー より:

    […] Brompton ヒンジ 破損事例です。bicitermini.com 写真m.facebook.com […]

  5. Bromptonにバネ入りフィンガークランプを入れるとステムやフレームが壊れる問題をまとめてみた | シクロライダー より:

    […] Brompton ヒンジ 破損事例です。bicitermini.com […]

コメントをどうぞ