2015 Panasonic Traincle 6000 入荷いたしました。

201501251

まだまだ続く入荷ラッシュです。以前にも書きましたが、私の自転車生活のきっかけは鉄道趣味から。中学生の時に父のカメラを借りて、友人たちと一緒に青春18きっぷで長野まで。新幹線開業で廃止が決まっていた碓氷峠を行き交う列車を写真に収めたくて、夏休みに出かけたのです。

とても楽しく、帰阪後に図書館で時刻表を眺めながら、同じメンバーで次回の計画を練っていたときに、輪行についての記事が目に留まりました。すぐに自転車雑誌のコーナーへ行き、読みふけるうちに興味がわいてきて、、、今に至ります(笑)。

と、前置きはさておき、JR東日本との共同開発で、中型コインロッカーに入るサイズと軽量性を追求したのがこの自転車です。チタン合金製フレームにカーボン製フロントフォークなどなど。カタログ値で6.9kgはだてではございません。本当に軽々、ひょいっと持ち上げることができますよ。

201501252201501253201501254

左)ブレーキはTEKTRO製。とてもかっちりとしたタッチで、操作性も良好です。中)Sugino製クランクにはトレンクルのロゴが入ります。カバーには大きく肉抜きがなされて軽快な印象です。右)サドルはカーボンレールのオリジナル品。こちらにもトレンクルのロゴが。

さすがに私(172cm)が乗ると全体的にしなるような柔らかさがありますが、不安になるようなグニャグニャ感ではなく、のんびりとした速度であれば問題ないレベル。コンパクト性と軽量性、性能と質感のバランスは流石です。例えるなら、CONTAX Tのような感じでしょうか?いやいやちょっと違うで、という方はコメントにてどうぞ。

<Panasonic>Traincle6000:¥275,000【税別】

※1/23時点での在庫はこちら→こちら更新箇所を分かりやすくいたしました。大阪 ブロンプトン
※1/28【水】平日MTBの会です→こちら
※おかげさまで、5周年記念バッジは完売いたしました!6周年バッジ製作中です!!
※当店オリジナル・Brompton・DAHON専用フロントハブ完成! → こちら Brompton 大阪
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら大阪 自転車

タグ: , ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. 岡島 正幸 より:

    折りたたんだサイズは、ブロンプトンよりも小さいのでしょうか?

  2. miyazaki より:

    >岡島 正幸さま
    いつも大変お世話になっております。コメントありがとうございました。
    Traincleは、高さ550mm、幅583mm、奥行き350mmです。
    Bromptonは、高さ580mm、幅585mm、奥行き270mmです。
    数値だけ見ますと、Bromptonの方が専有面積は小さくて済みますが、6.9kgと軽量ですので、機動性は高いかと思います。是非ご検討くださいませ。
    いつもありがとうございます。、

コメントをどうぞ