Brompton シートスリーブ 交換です。

先日の作業です。常連さまのBromotonですが、シートスリーブの交換依頼を受け、交換作業を実施いたしました。結構ガンガンとお使いのお客さまですので、頻繁な折りたたみ・展開でどうしても消耗してしまいます。今回は在庫の部品を使用してサクサクと交換を行うことができました。

201606131

ご存じではない方もいらっしゃるかも知れませんが、とても大切なことですので記しておきます。

Bromptonの車体はスチール製で、シートポストも同じくスチール製です。フレーム内部には、シートスリーブという樹脂製のパイプ状部品が接着されており、クイックレバーを開けば、シートポストよりもごくごく僅かに大きめに開き、シートポストがスーッと円滑に上下できるようになっております。

上の画像は、古くなったシートスリーブを取り外したところです。シートスリーブは、ただ単純に入れ替え交換するだけでOKではございません。手順の詳細はここでは記しませんが、正しく取り外した後に、シートチューブ内壁へ密着させ確実に接着した後に、専用のリーマーで適正寸法まで切削する必要がございます。

201606133201606134

その際には指定の手順がございます。使用する接着剤、工具も厳密に指定がなされております。先般の渡英研修での実作業の賜物です。

以前のリアヒンジ交換作業もそうですが、Bromptonのフレーム根幹部分(シートポスト、シートクランプヒンジクランプ、リアヒンジ)については、当店においては純正品のままを最善と判断し、社外品への交換はお勧めしておりません。どうしても重量のかさむスチール製のシートポストですが、過去生産されていたチタン製シートポストが廃盤になっていることからも、軽量性と耐久性、コストとのバランスはスチール製が現時点での最適解、というBrompton社の判断なのでしょう。自転車の軽量化・性能向上を求めることも、楽しみの一つであることは否定いたしませんが、引き換えに耐久性を落としてしまっている可能性を十分にご考慮くださいませ。

大切なBrompton、永くお使いいただけますように!

201606132

※6/16【木】 平日MTBの会です→ こちら

※6周年ピンバッジ頒布要領はこちら → こちら Bromptonブルーノ
※7周年ピンバッジも製作中です!→ こちらこちら

※6/11時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 滋賀
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ 折りたたみ

タグ: , , ,

コメントをどうぞ