2017 Brompton 【1】変更箇所について。

先般の販売店向け発表会から数日が経ち、いよいよBromptonの2017年モデルが発表されました。今回の変更箇所は多岐にわたりますが、やはり従来品との互換性を保たれつつの改良。より現代的な仕様へ変更しつつ、操作性、安全性を特に重視した内容と言えるのではないかと思います。

既に海外のサイトや他店様のサイトではアップされておりますので、ご覧になられた方々も多くいらっしゃることと思いますが、まずはずらずらと変更箇所について列記いたします。
当店ならではの視点も交えつつ、長くなるので何回かに分けてご紹介。

<カラー>
201609038201609037 201609032

新色:グレー
変更:レッド(赤色から朱色へ。名称は変更なし)
廃版:ホワイト、チェリーブロッサム、オレンジ(ブラックエディションのみ継続)

<Mハンドル・Mステム>

201609031
Mハンドルは下記のグリップ変更に合わせ、幅はそのままでグリップ部分が長く変更。あわせて高さを-27mm(重量は-15g)。  Mステムは高さが+27mm(重量は+25g)。ハンドル高さには変更ない格好ですね。
Mハンドルの高さが低くなったことで、ハンドルのしなりが少なくなることが予想されます。乗り心地は従来よりもカッチリとした印象になりそうです。

<グリップ>

201609033
ボルトでハンドルバーへ固定する仕様へ。特にMハンドル用は110mm(25g)から130mm(+27g)へ変更。上記Mハンドル・Mステムの形状変更と合わせて、グリップをS,M,Hハンドルで共通化。

 

 

<シフトレバー、ブレーキレバー、ベル>

201609034201609035
シフトレバーおよびブレーキレバーが一体式に。シフトレバーは従来のハンドル上部での操作から、ハンドル手前側でのレバー操作へ。外装側は+/-、内装側は1/2/3の段数表示も追加。ブレーキ、シフトのワイヤーがきれいにまとまります。ハンドル中央部分へのアクセサリー類取り付けが容易になりそうですね。
また、シフター変更に伴い、ワイヤー固定方法が変更。ベルはブレーキレバーへ取りつけ。左右どちらでもOKです。

<チェーンテンショナーナット>

201609036

内装変速用のインジケーターチェーンがナット角部分に引っかかることがありましたので、端部形状を変更。

<サドル(テールライト)>

201609039

通常は幅147mmのスタンダードサドル、オプションでワイドサドルが発売予定。サドルベース形状が変更され、CATEYE製USB充電式サドルライト(RAPIDmini:オプション)を取り付け可能。
※常時点灯:3時間、フラッシング:30時間、充電時間:2時間、重量:22g)

オプション類の発売時期は現時点では未定となっております。

 

※9月の予定はこちら → こちら Brompton 2017 大阪

※7周年ピンバッジも製作中です!→ こちらこちら

※9/4時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ 滋賀

タグ:

コメントをどうぞ