9/6 【水】 各社展示会めぐり②KOGA・COMMENCAL・シマノ

既に一週間が経とうとしておりますが、先週の展示会行脚です。翌9/6【水】は早朝から当店すぐ近くの天満橋OMMビル内にて、KOGA・COMMENCALでお世話になっております、ジオライドジャパンさま。

個人的に気になったものだけをパシパシと撮影しておりましたが、オールマウンテン用クロモリハードテイルフレームのMETA HT AM Cr-Mo。チェーンステイが直接トップチューブへ溶接されておりますので、適度なしなやかさをもたらしてくれるとのこと。2017年モデルから継続なのですが、新色のグリーンが素敵。若干ジオメトリーも変更されているようで、より高速性能を重視されているそうです。これを振り回すくらいのスキルが欲しいところですね(笑)。

おかげさまでご好評のコメンサルのキッズバイク各種。2018年モデルは継続販売なのですが、24インチは5000円の値上げ、20インチは同額、16インチは2000円の値上げ、14インチは同額。12インチは3000円の値下げ(!)。ここらあたりは為替や調達部品のご事情のようですが、、、ウチの息子たちも愛用中です。

そして、当店でもお取り扱いのロードバイクのKOGA。特に気になったのはアルミグラベルロードのCOLMARO Disc。実は2017年にもカタログへ掲載されておりましたが、各種ブレーキやハブ規格の林立から、実製品の開発が非常に遅れてしまい、結局は発売されませんでした。2018年モデルになって、前後スルーアクスル、フラットマウントのディスクブレーキ、プレスフィットBBに対応し発売されます。リアブレーキのラインはダウンチューブヘ内蔵(!)。そのために24mmシャフトのクランクのみ対応いたします。

独特なグラフィックとMOSSと名付けられたカラシ色?カーキ色?何とも言えない絶妙なグリーンが美しいです。フレームセットで¥169,800 【税別】です。

さて、すぐお向かいではシマノさまの展示会場が。e-bikeと呼ばれる電動アシスト自転車用コンポーネントのsteps。当面は完成車向けのみとのことですが、どこまでシェアを取ることができるか?意気込みは非常に伝わってまいります。また、各メーカーさまの参考出品車両も展示されておりました。格好良いですね。

その他には、モデルチェンジした各コンポーネントのサンプルが展示されておりました。より多様化、細分化していく自転車たちへ対応させていくことは並大抵の努力ではないと思います。非常に大変だと思いますが、もっとシンプルでも良いのかな?とも感じてしまったのも事実。この辺りはもう少しじっくりと自身の考えをまとめておく必要があるな、、、というのが率直な感想。

ほんの少しだけ取り残されたかのような、ごくわずかですが違和感を感じつつ、会場を後にいたしました。

愛車のペダルを回しながら、気分を切り替えよう!と思い直して友人のお店、SPICE CURRY 43へ。今月のおすすめ、麻婆茄子カレーをいただき、ご機嫌です(単純)。

長くなってきましたが、まだまだ続きます~。

※9月の予定はこちら → こちら

※9/9時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

タグ: , , ,

コメントをどうぞ