9/6 【水】 各社展示会めぐり③インターテック・DAHON

既に一週間以上経過しておりますが、先般の展示会行脚の様子を。友人の店でカレーをいただいてご機嫌にペダルを回して福島まで。こちらではインターテックさまの新製品展示会。BlackburnやBellといった、どちらかというと先進的、流行の先端という印象の強いブランドを数多く取り扱っておられます。

ブラックバーンのライトは明るさも十分以上で、残り点灯可能時間の表示や細かな明るさ設定、スマホのような直感的な操作が面白い印象ですが、ちょっと大きくて高価かな。また、各種キャリアへの積載を考慮したストラップや工具類も面白いものが多いです。

スマホ用の防水ケースはなかなか良さそうですし、MAXXISのタイヤもスキンサイドが新鮮な印象。大きなホイールが主流となってきているMTBやグラベルロードなどにも威圧感が軽減できそう。

個人的に気になったのは迷彩柄のフロアポンプ。MTB向けに一回のポンピング流量が大きいタイプ。大きなゲージも見やすくて機能的です。何より格好良い。これはガレージに置きたくなります。その隣には同シリーズの廉価版も展示。派手になりすぎない、彩度の高くないカラーリングが好印象です。

なかなか気の利いたアクセサリー類が多かったです。カタログをいただいておりますので、気になる製品がおありでしたら店主までお気軽にお問い合わせくださいませ。

ということで阪神電車に乗って移動。8000系の標識灯がLED化されていますね。いよいよDAHONです。

さらりと普通、急行と乗り継いで魚崎、そこからは六甲ライナーです。いわゆる新交通システムですから、鉄路を走る車両ではなく、コンクリート上を走行するゴムタイヤ車両、その独特の乗り心地を満喫。ちょっとゴトゴトとした感じ。

ほどなくして会場へ到着。開放感あふれる会場内にDAHONのサンプル車両が展示されております。久しぶりに会った営業さんとしばし談笑。今期はちょっとした節目ということもあり、目に見える大きなモデルチェンジはないものの、少し慎重にならざるを得ないですよね、、、ということで意見は一致。

さて、自転車店の定休日事情に合わせて、この時期の水曜日に開催されることが多い新製品展示会。それを一日に何カ所もハシゴするわけですから、最新の同業他社さまの動向などをお伝えするのも大切だと思っておりますし、お互いに有益な情報であれば、業界をより良い方向へ進めていくためにも、販売店として持っている情報を、メーカーさまや輸入元さまへ提供できる範囲で提供したいと思っております。

そんな考えが通じているのかどうかは定かではございませんが、おかげさまでダホンのオーソライズドディーラーをさせていただいております。ありがたい限りです。製品仕様やプロモーションのことなど、積極的に当店なりの考え方をお伝えしてきたことが通じたのかな?(お役に立つことができているのかどうかは??ですが)。

ということで本題。2018年モデルの注目はCiaoの復活。以前も販売はなされておりましたが、内装変速でリアキャリアが標準装備だったため、重量がソコソコでしたね。そのため、低床フレームの良さを世に知らしめるほどの販売台数ではなく、ここ数年は生産されておりませんでしたが、外装変速を装備し復活!とても良い自転車ですので、個人的にとてもとても嬉しいです。フェンダーも標準装備ながら約12㎏、思っていたよりも軽量に仕上がっております。¥74,000【税別】。

そして、HORIZE。今期はオーソライズドディーラー限定モデルが発売されます。通常はVブレーキ仕様ですが、なんとディスクブレーキを標準装備し、専用のマットシルバー色。ワクワクする仕様ですよね。

通常モデルも落ち着いた印象のカラーリングが格好良いです。通常モデルは¥79,000【税別】、オーソライズドディーラー限定モデルは¥90,000【税別】です。

充実装備と落ち着いたカラーで、人気が出そうですね。

これまた個人的に大好きなCurve D7。Muフレームをそのまま縮小したアルミフレームにフェンダーと外装7段を装備しております。コンパクトでソコソコよく走って、とてもええ子なのですが、優等生すぎるのでしょうか?やはり落ち着いたカラーリングが素敵です。¥69,000【税別】

当店でもご好評のDove Plus。ゴールドはちょっと、、、という方に落ち着いたブラックが追加。明瞭なコンセプトがユーザーさまの指向に合ったよい例ですね。従来のDove UNOもラインナップにはございますが、より軽量、上質なダブプラスを当店ではお勧めしております。¥78,000【税別】。

そして、ハードユーザーさまへお勧めのクロモリフレーム、Speedfalco。こちらもカラー変更のみ、¥82,000【税別】。ロードバイク乗りの方のサブ、あるいはちょっと小柄な女性の方へおすすめのVisc EVO。意外なほどコンパクトなポジションです。やはり好評のマンゴーオレンジは定番。¥123,000【税別】。

これまた定番のボードウォークD7。カラフルな展開で心躍ります。細身のクロモリフレームは街乗りに最適。¥60,000【税別】。

そして当店として外せないのが、PRESTO SL。今期はチタンカラー。各溶接部が滑らかに仕上げられており、より上質な仕上がり。定番となりましたね。¥118,000【税別】。

そして、こちらもカラー変更のみのDASH P8。車体剛性の高さを生かし、もう少し太めのタイヤを履かせて、ちょっとしたオフロードも行きたくなるような、輪行ツーリング車に仕立ててあげるとよいのかも?などとい妄想が膨らんでおります。¥87,000【税別】。

先にも記しましたが、大きな変更がないということは、それだけ設計が完成されてきている、ということの表れでもあります。いたずらに商品性を上げるための小変更を繰り返すのではなく、過去の製品であったとしても、よりユーザーさまのニーズに合っていると判断されてしまえば、柔軟に復活させる、という姿勢が正直であり、心からお客さまのことを考えているのではないかと感じました。販売店として、メーカーさま、輸入元さまの意図をしっかりとお伝えしてまいります。

※9月の予定はこちら → こちら

※9/9時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

タグ: , ,

コメントをどうぞ