‘メンテナンス’ タグのついている投稿

プロジェクト#9 M5片持ちフロントフォーク用 フロントハブ 組み付け致しました。

2017 年 11 月 5 日 日曜日

先般のご紹介より日数が経過いたしましたが、当店オリジナルのM5社製片持ちフロントフォーク用フロントハブが完成し、ホイールを組み立ていたしました。スポーク本数増加によるホイール全体の剛性UPの恩恵で、お客様の懸念事項であった異音発生がなくなり、しっかりとした乗り味になったとのこと。さらに、穴数変更で一般的なリムを使用できるようになりましたので、今後の部品供給の点でも安心です。

とは言え、一点製作に近しい状態ゆえに、今後もご乗車状況如何によっては再度の修正が必要となる可能性も否定できませんので、引き続き慎重に進めてまいりたいと思っております。

とは言え、お役に立つことができて、嬉しく思っております。ありがとうございました。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※11月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー

※11/3時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

Brompton S2L オーバーホールいたしました。

2017 年 9 月 9 日 土曜日

先日の作業です。2012年式の限定車、常連さまの車体なのですが、オーバーホール作業をご依頼いただきました!

今回、駆動系はクランクとBBも含めて最新仕様へ。ヘッドパーツはTANGE製で軽量・メンテナンスフリー化。ブレーキシューホルダーも現行品へ変更することで、今後はシマノ製のシューが使用できます。お客さまにも大変気に入っていただけました。ありがとうございました。

※9月の予定はこちら → こちら

※9/9時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

Panasonic REGULAR スポーク修理いたしました。

2017 年 8 月 22 日 火曜日

本日の作業です。ご近所に住む友人の乗る実用車なのですが、スポークが数カ所折れてしまっており、その交換作業を行いました。一般自転車とは異なり、#12という太いスポークを使用しているため、ニップルも専用品。手配に時間がかかりましたが、同時にヘッドライトの接触不良なども修理いたしました。

全ケース、BEタイヤの自転車ですから、通常よりもちょっとてこずりましたが、無事に修理完了。またこれでバリバリと使っていただけそうです。いつもありがとうございます!

※8月の予定はこちら → こちら

※8/22時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

Alex Moulton チェーンガードを追加いたしました。

2017 年 8 月 21 日 月曜日

本日の作業です。常連さまのAlex Moulton、フロント変速の際にインナーギアを通り越して内側へ脱落してしまうことがある、とのことで入庫です。

各方面に調べてみましたところ、カンパニョーロ純正のチェーンガードが存在していることが分かりました。恥ずかしながらその存在を知りませんでしたが、実際に現物をじっくりと観察してみますと、確実な取り付け方法と容易な調整が可能な構造、剛性の高い形状など、さすが!!良い勉強になりました。ありがとうございました。

※8月の予定はこちら → こちら

※8/20時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

8/11【金・祝】 パンク修理講習会 無事に終了いたしました。

2017 年 8 月 11 日 金曜日

本日はパンク修理講習会でした。事前の告知は行っていたものの、いつものバタバタで直前になってしまったにもかかわらず、たくさんのお客さまがおこしくださいました。いつものように、当店試乗車のBromptonを用いて、後輪脱着およびチューブ交換のレクチャーを行い、そのあとはお客さまご自身の自転車で練習、という流れですが、お客さま同士で色々と試行錯誤しながら、暑い中楽しんでおられたのが、とても印象的でした。

通常はお貸ししていない工具類も、この日だけは実際に使っていただくことで、ご自身で使い勝手の良い工具を探してみるのも良いでしょうし、当店在庫のおすすめ工具をご覧いただくのも良いと思います。WEB上の情報も素晴らしいものが多いのですが、一度でもご自身の手で取り組んでみることの大切さをお伝えできれば、と思います。

ご参加くださった皆さま、暑い中ご参加くださり、誠にありがとうございました!

※8月の予定はこちら → こちら

※8/5時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub 

8/11【金・祝】 パンク修理講習会 開催です。

2017 年 8 月 8 日 火曜日

折りたたみ自転車やロードバイク、MTBなど、出先でのトラブルが発生した場合でも、輪行しての移動ができるとは言え、ご自身で修理をできたほうが、より安心してお乗りいただけることと思います。お客様からのご要望もあり、久しぶりに「パンク修理講習会」を開催いたします。

ご参加の際には、自転車のお持込みはご不要ですが、お持ちいただけましたら、車輪の脱着などもご説明させていただけることと思います。前回ご参加いただけなかった方、是非ご参加くださいませ。

日時:2017年8月11日(金・祝)・13時ごろ~(予定)

当店となりの私道部分をお借りして、屋外での開催を考えておりますので、水分補給などご留意くださいませ。当日の天候によっては、延期する可能性がございます。ご了承くださいませ。

プロジェクト #9 M5片持ちフロントフォーク用 フロントハブ 製作開始。

2017 年 7 月 25 日 火曜日

常連さまからのご依頼。M5社のリカンベント、ショックプルーフのホイールから、どうも異音がするとのこと。前後とも18穴(!)という専用リムが変形しており、スポークが撓んだ際にペキペキという感じの音がしている様子。とはいえ、451サイズ・18穴のリムは入手できなさそう。今後のことを考慮すると、入手の容易な製品へ置き換えておきたい。

調べてみますと、ALEX社のR390に24穴がありました。アイレットも装備しておりますので、比較的スポークテンションを上げることができそう。後輪はハブを変更すれば問題なし。ということで、純正のフロントハブを参考に、24穴の専用フロントハブを製作開始です。

仕様としては、A7075の無垢材からの削り出し。スポーク穴は5軸制御MCを用いて、ストレートスポークがきっちりとリムセンターへ向くように角度をつけています。純正フロントハブとベアリングは同一寸法ですので、専用シャフトは転用可能。Made in Osakaです。

採算を考えると、とんでもなく赤字になる可能性もありますが、同じ車体をお持ちの方全体、世界レベルで考えたときに、リム入手が容易になることで、ごくごく小さな救世主になるかも?という淡い期待を抱えて、頑張ってみます。

※7月の予定はこちら → こちら

※7/25時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

airbone ZT-A15 フルレンジクイックセッティング&リリースバルブ ご紹介です。

2017 年 7 月 4 日 火曜日

当店のフロアポンプは、友人よりいただいたボントレガー製を使用しておりますが、ヘッド部分は度重なる酷使により、ボントレガー純正→TOPEAK→レザイン→レザイン(2個め)と交換しております。レバー式ハンドルを起こすタイプのほとんどは小径車には少々使いづらいことが多く、Bromptonのような内装変速を装備した自転車の場合は、レバーがスポークやハブにあたり、手は汚れやすく、チェーンやスプロケットでのけがの心配もありました。

今回ご紹介する、airbones ZT-A15は、米仏兼用のポンプヘッド。独特な操作は少々慣れを要しますが、ネジ式ですので確実に接続できます。P(プレスタ=仏式)あるいはS(シュレーダー=米式)を選択してからバルブへ接続。所定の空気圧まで入れていただき、青いスリーブ部分をスライドさせると、ワンタッチでバルブから外れてくれます。てっぺんにはリリースバルブも装備。

類似の他社製品もございましたが、樹脂部分にガタが出やすく、当店ではあまりお勧めしておりませんでしたが、こちらの製品はしっかりとしたアルミ製で、パチパチと心地よい操作感。全長が約40mmと非常にコンパクトですので小径車にも使いやすいと思います。対応するホース径はΦ8.5×Φ3.5~4.0mm、Φ10×3.5~4.0mm。

当店使用中のポンプへ組み付け致しましたので、是非一度、この軽快な操作感をお試しくださいませ。

<aribone> ZT-A15:¥2,300【税別】

※7月の予定はこちら → こちら

※7/3時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

Brompton シートスリーブ交換作業です。

2017 年 6 月 27 日 火曜日

先日の作業です。常連さまのBromptonのシートスリーブ交換を行いました。シートクランプ側が薄くなっているのがお分かりいただけることと思います。折りたたみの際にシートポストが上下しますので、この部分は定期的に交換を要します。特に社外品のシートポストをお使いの方は、締め付け加減とともに、摩耗具合をチェックくださいませ。

※6月の予定はこちら → こちら

※6/27時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

休憩。

2017 年 5 月 29 日 月曜日

毎度のことですが、今週末もバタバタと忙しくさせていただきました。ありがとうございました。さて、今日は以前より仲良くしている友人の自転車を修理しつつ、立て続けに3台のパンク修理。ちょっと変わった事例もあったのですが、それほど重症ではなく一安心。

この週末で納車が続き、ちょっとすっきりとした店内で所謂ロングテールバイクの修理を行っていたのですが、なかなか実用的でええもんやな~とじっくりと観察。道路交通法の問題(普通自転車の寸法枠外となることが多いです)や置き場所のことなど、ええもんやなとわかっていながらも、実際に導入する際のモロモロのことを考えながらの作業でした。

さて、こう記しておきながら、画像は全く関係ないやんけ!と突っ込まれそうなのですが、実はそのロングテールバイク、こちらのお店のスタッフの方の所有。休憩時間にパッとお持ちいただき、一旦お預かり。サクッと修理後、お店まで納車させていただきました。ご近所ならではです。ちょっと一杯頂いて休憩~もちろん帰りは徒歩にてのんびり。

※「Brompton Bag プレゼント」キャンペーン中 → こちら※Sbagは4/27【木】受付分ですでに終了、Tbagも5/7【日】受付分にて終了、Cbagも5/14【日】受付分にて終了、バスケットバッグのみとなりました。

※5/26時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀