‘Brompton’ タグのついている投稿

2017 Brompton M6R RAW 入荷です。

2017 年 1 月 14 日 土曜日

本日は風が強く、とても寒い一日でしたね。入口の扉には「WELCOME/CLOSED]の札があるのですが、いつの間にか強風で裏返しになっていて、お客さまに教えていただき気づくという。こんなことがあるとは、、、(笑)。

さて、やっとのことで入荷してまいりました、最新BromptonのRAWカラー。今回はフル装備のM6Rです。新型のMハンドル、ご試乗されたお客さまからはカチッとした乗り心地とのことでご好評ですよ。

左】新型Mハンドル周辺。ベルはお好みで左右どちらへもセット可能です。中】同じく新形状のリアキャリア。トップ部がフラットな形状で、積載面が前後に広くなりましたよ。うれしい改良です。右】2015年の後半あたりから、フレーム素材の状態から、RAWカラーとニッケルエディションは研磨された状態のものを専用ラインで製造、仕上げはより美しくなっております。

常に最新が最良、というつもりはございませんが、やはり旧モデルのほうがルックスも含めてやわらかさがありますね。2016年モデルもまだございますので、以下の店頭在庫もご覧くださいませ。

<Brompton>M6R RAW:¥230,000【税別】

※1月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※1/14時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

Bropmton ヒンジクランプについて。

2017 年 1 月 12 日 木曜日

本日は定休日でしたので、いつもの喫茶店でモーニングをいただいてから、ちょっとゆっくり目の時間帯に出勤。倉庫の片づけをしておりました。

さて、本日輸入元より届いたメールに、Bromptonのヒンジクランプについての注意喚起の文面が添付されておりました。当店におきましては、以前よりその重要性を伝えておりますが、より長くお使いいただけるために、改めて純正品を強く推奨いたします。

純正品のヒンジクランプにおきましては、クランププレートの平面部分とフレームの隙間が0.90mmから3.00mm以内でなければ、ヒンジクランプの交換をお願いいたします。

※純正品以外をご使用された場合のフレーム不具合は保証の対象外となります。ご注意くださいませ。

※1/13追記:画像については輸入元さまより販売店向けの案内文書でしたので、削除いたしました。ご迷惑をおかけいたしました。

※1月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※1/5時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

Brompton シートポスト交換です。

2017 年 1 月 6 日 金曜日

本日の作業です。常連さまのBrompton、シートポストが一定以上下がらなくなったとのことで入庫です。しっかりと走りこんでおられる方ですので、社外品のアルミ製シートポストが曲がってしまい、一部は既にひび割れが始まっている状態でした。

ちょうど、シートクランプ部分から目視ではっきりとわかるくらいに曲がっておりますので、無理に抜いてしまうとシートスリーブ(フレーム内部に装備されている黒い樹脂製部品です)を破損してしまうかも、ということで、一旦上限まで上げてからシートポストを切断、純正のスチール製シートポストへ交換いたしました。

軽量性などを優先した社外品ゆえの破損事例です。カスタマイズはその性能向上やドレスアップなど、非常に楽しいものですが、シートポストが曲がってくると、上下させる際に動作がスムーズではなくなり、シートスリーブの偏摩耗を引き起こしてしまう可能性がございます。シートスリーブ交換は非常に手間のかかる作業ゆえ(→こちら)、社外品をお使いのお客さまは、くれぐれもお気を付けくださいませ。

※純正のスチール製シートポストでも、長期のご使用により曲がってくることがございます。定期的なチェックをお勧めいたします。

※1月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※1/5時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 Brompton M2L-X 納車整備いたしました。

2016 年 12 月 25 日 日曜日

本日の作業です。先般より注文していたB-Spokeオーダー品、M2L-Xのグレー。個人的に一押しのMハンドルの2速、軽量なスーパーライト仕様を納車整備いたしました。最新ロットゆえの変更点も含めてご紹介です。

左】後輪のスポークが14番のブレーンスポーク+ブラスニップルへ。より耐久性を重視した設定です。中】スーパーライトモデルならではの軽量なハブが復活です。当店オリジナルハブのライバル出現ですが、、、お客さまへとっては嬉しい改良。右】B-Spokeならではの標準サスペンション。ゆったりとした速度での走行を重視されると、クッション性がよく快適です。

昨今の輪行事情を考慮すると、従来のようにコロコロところがしての移動は少々困難になってきていると実感しております。そうなると車体重量は軽ければ軽いほうが嬉しいところ。大阪市内とその周辺のように、比較的平坦なところでのご使用ですと、内装変速を装備するモデルではなく、シングルないし2速のモデルがお勧めです。

さらに、高価ではありますが、より軽量なスーパーライト仕様であれば申し分なし。新色のグレーは非常に美しく、当店での一番人気です。Bromptonならではのコンパクト性と耐久性は折り紙付きですし、移動が楽しくなる一台ですね。

<Brompton>M2L-X:¥280,000【税別】

※12月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※12/23時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

Brompton P1E 製作いたしました。

2016 年 12 月 6 日 火曜日

201612061

先日の作業です。常連さまよりご依頼を受けて、BromptonのP1Eを製作いたしました。いろいろな自転車を乗り継いでこられた方ならではのシンプルな一台です。

201612062201612063201612064

左】サドルはBROOKSのC17。ナチュラルカラーとRAWは相性も良い感じです。中】シングル化のためスプロケットはスペーサーを介して組み付けられます。右】当然シンプルなハンドル回り。

輪行を主としたショートトリップを考えた際に、普段着でも乗りやすいこと、ある程度以上の耐久性が必要なこと、その上での走行性能をどの程度高めるのか?スーパーライトモデル、という選択肢もありますが、価格の点がネックとなります。シングル化で軽量化と同時に車両コストも抑えることができますし、Pハンドル、というところがロードバイクを楽しまれる方らしいところです。

数々の自転車を乗り継いでこられた方ならではのシンプルなセレクト。Bromptonならではの機動性を生かしつつ、走行性能や軽量性、価格まで含めたバランスは?と考えた際に出てきた一つの回答ではないでしょうか。

※12月の予定はこちら → こちら

※12/04時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀

2017 Brompton試乗車入荷とタイミング。

2016 年 11 月 25 日 金曜日

201611251

先週末、Brompton社での技術研修修了証が届きました。改めて、仕事とは言えども、素晴らしい経験をさせていただいたなと振り返っておりました。昨日は2017年モデルの試乗車が5台到着、2台のチェックを終えたところでした。その晩に飛び込んできた、Brompton創業者のアンドリュー・リッチー氏の役員退陣のニュース。

詳細はここでは記しませんが、技術研修の際、マーケティング部門の方が、イギリス国内での販売台数が微減していること、今後の世界戦略を見越して、広大な新工場では将来的に年間10万台の生産を目指していると言っていたな、、、と思い出し、少し考え込んでしまいました。

昨晩お越しくださったお客さま、Bromptonにご興味がおありでしたので、ゆっくりと時間をかけて説明させていただきました。やはり高額な部類に入るBrompton、その理由はもちろん、他メーカーさまの自転車とは異なる設計思想とそれを実現するための品質や精度などなど。少々の雑談を交えつつ、閉店時間を大幅に過ぎてしまいましたが、改めて2017年モデルのご試乗に来て下さると言ってくださいました。ありがとうございました。

Bromptonに限ったことではございませんが、たくさん売れることは、もちろん嬉しいことです。しかしながら、どんな自転車であれ、じっくり付き合っていただきたい。もちろん、他店さまでご購入下さった自転車でも、どんなに古くても、です。新車をバンバン売るだけでが正解ではないのでは・・・?彼の退陣の真意はわかりませんが、当店の在り方を考えるための、とても良いタイミングであると受け止め、今まで通りにまっすぐ取り組んでまいりましょう。

※11月の予定はこちら → こちら

※11/26【土】 夜ポタリングの会です → こちら

※11/12時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀

2017 Brompton 入荷しております。

2016 年 11 月 14 日 月曜日

2016111401

既に各方面にてご紹介されておりますので、ご覧になられた方も多くいらっしゃるかと思いますが、先週の11/11【金】より2017年モデルのBromptonが販売開始となりました。基本的にモデルチェンジがない、と申し上げてきておりましたが、、今回は多岐にわたる変更がずらずらと。以前にも当ブログで記しておりましたが、今回の新色、グレーのM6Rとともに、改めてのご紹介です。

<Mハンドル>
2016111402Mハンドルは下記のグリップ変更に合わせ、幅はそのままでグリップ部分が長く変更。あわせて高さを-27mm(重量は-15g)。  Mステムは高さが+27mm(重量は+25g)。ハンドル高さには変更ない格好ですね。
Mハンドルの高さが低くなったことで、ハンドルのしなりが少なくなることが予想されます。乗り心地は従来よりもカッチリとした印象になりそうです。

<グリップ>
ボルトでハンドルバーへ固定する仕様へ。特にMハンドル用は110mm(25g)から130mm(+27g)へ変更。上記Mハンドル・Mステムの形状変更と合わせて、グリップをS,M,Hハンドルで共通化。

<シフトレバー、ブレーキレバー、ベル>
201611140420161114032016111405

シフトレバーおよびブレーキレバーが一体式に。シフトレバーは従来のハンドル上部での操作から、ハンドル手前側でのレバー操作へ。外装側は+/-、内装側は1/2/3の段数表示も追加。ブレーキ、シフトのワイヤーがきれいにまとまります。ハンドル中央部分へのアクセサリー類取り付けが容易になりそうですね。
また、シフター変更に伴い、ワイヤー固定方法が変更(画像下左)。ベルはブレーキレバーへ取りつけ。左右どちらでもOKです。上のハンドル部分画像もご参照ください。

201611140620161114072016111409

<チェーンテンショナーナット>
内装変速用のインジケーターチェーンがナット角部分に引っかかることがありましたので、端部形状を変更。

<サドル、テールライト>
通常は幅147mmのスタンダードサドル、オプションでワイドサドルが発売予定。サドルベース形状が変更され、CATEYE製USB充電式サドルライト(RAPIDmini:オプション)を取り付け可能。
※常時点灯:3時間、フラッシング:30時間、充電時間:2時間、重量:22g)

オプション類の発売時期は現時点では未定となっております。

つらつらと列記いたしましたが、従来品との互換性を保たれつつの改良。より現代的な仕様へ変更しつつ、操作性、安全性を特に重視した内容と言えるのではないかと思います。クラシカルな装いは身を潜めてきましたが、よりすそ野を広げる意味でも、今回の変更箇所は大きな意味を持つと思います。

で、気になる変更部分品の単品供給ですが、輸入元へ確認しましたところ、来年の春ごろには何とか、、、という程度しか情報がございませんでした(笑)。当面は完成車への供給が最優先ですので、品番すらない状況。乗り味など気になる方は、是非ご来店くださいませ。2017年モデルの試乗車は今月23日ごろの入庫予定です。

<Brompton>M6R(グレー、テンペストブルー):¥200,000【税別】

※11月の予定はこちら → こちら

※11/12時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀

思考の志向。

2016 年 11 月 13 日 日曜日

201611121さてさて、ちょっと更新が滞っておりました。しょっちゅう書いていることなのですが、おかげさまでバタバタとしております。あれやこれやとうれしい作業のご依頼が続き、お店としては非常にありがたいなと日々実感しつつおります。

近々の納車に向けた作業を行いつつ、週末はご来店下さる方々も多く、ほとんど進捗がない状況ゆえ、こんな時間にキーボードをたたいております(笑)。友人よりええ塩梅のMTBフレームの委託販売の依頼を受けたり、常連さまのオーダーフレームが出来上がったり、Bromptonの2017年モデルが入荷してきたり、次男が誕生日を迎えたり。

また近々にアップしてまいりますが、当店らしさをじっくりと考え、反芻しつつ、お客さまへお伝えしたいこととは?必要とされている情報は?どのような内容を記していこうか?情報の即時性も重要なのですが、安価ではない商品やサービスですので、お客さまにもじっくりと吟味していただけるよう、正しい情報を記してまいりたいところです。誤字脱字がないのは当然としても、作業内容や使用工具、材質のことなど、そこはお店側の立場として、あえて詳細に記さないことも、時と場合によっては必要なことなのではないかと考えてみたり。

色々と目まぐるしい昨今ですが、まずはお待たせしている各作業を確実に進めつつ、今後のための資料集めも。ネット上の情報も取捨選択しつつ、やはり書籍には勝てないな~とブツブツ言いながら、楽しみながらやっております。いつもありがとうございます。

※11月の予定はこちら → こちら

※11/12時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀

早朝のいくたまさん。

2016 年 11 月 8 日 火曜日

201611081チョット肌寒くなってきて、なかなかお布団から脱出しづらくなってまいりました。早朝のランニングも最近はさぼり気味。冬用のウェアを購入しようかと目論見中ですので、これを機に復活しようと思いつつ、昨晩のネット徘徊で発見した、生國魂神社での骨董市。毎月8日の早朝だけの開催とのことで、今朝は早起きしてBromptonでぶらりと行ってまいりました。

到着するころに小雨がぱらついてきましたので、草食動物のように視野を広くとりつつ、ささっと見て帰ろうかなと思っていましたところ、あるお店にアルバムを発見。懐かしい国鉄時代の大阪駅で撮影された写真たち、個人的に大好きな大阪市交通局の50系(谷町線が守口まで延伸したころ、しかも旧塗色)もあるではないですか。

渋い、、、、。「この写真、おいくらですか??」で購入。

「ニイちゃん、こんなん好きやったら、、、」と車から出して来てくださったのは、京都市電の切符でしょうか。(先ほど検索してみましたら、戦前の切符とのことでした)。日付が入っているので、こりゃあいいやと11月22日を選択して、お店のオジサマとしばし談笑。その後はいつもの喫茶店でモーニングをいただいて出勤でした。やっぱり早起きは三文の得ですね。

201611083201611082201611084

201611085201611086201611087

※11月の予定はこちら → こちら

※11/08時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀

2017 Brompton 入荷に際して。

2016 年 11 月 4 日 金曜日

201611041さて、いよいよ2017年モデルのBrompton、レギュラーモデルが入荷してまいります。以前の当ブログにもご紹介しておりましたが、シフトレバー、ブレーキレバーが大きく変更され、より安全に操作ができるように改良されてまいります。

実際の販売開始は11月11日(金)の予定ですので、まだ数日先の話なのですが。長くなりますがご一読を。

おかげさまで、当店は小さいながらもBrompton B-Spokeディーラーとしてお取り扱いをさせていただいております。これも皆さまからのご愛顧の賜物であると感じております。ありがとうございます。そして、ここ一か月ほど前から、妻や友人に協力してもらって、店内のレイアウトをちょこっと変更。少しずつではありますが、自身の理想と考えるお店へ近づけようとしております。

様々なメーカー、年代の自転車をカスタマイズ、修理などしつつ、自転車界のトレンドを横目でチラチラとみながら、私なりのフィルターを通した発信をこの稚ブログで続けております。ただ、「これが入荷!」「これはお勧め!」と文字が躍る記事だけではなく(もちろん必要ですが)、この趣味を長く続けていただけるよう、前向きに楽しんでいただけるような内容を書き記していきたいと思ってきております。

当店は小径車を得意としておりますが、専門店とは申しておりません。それは、「自転車」という乗り物のすべてが好きだからであって、だからこそ、小径車はもちろん、MTBやロードバイク、電動アシスト自転車、子ども用の自転車も販売や修理を行っております。小径車専門店にも勤めてまいりましたので、その素晴らしさを広めたい!と思いましたし、一生この仕事を続けたい!と感じての開業でしたから、自ら間口を狭くしてしまうような店ではないほうが楽しいのではないか?と考えての当店のこのスタンスなのです。

話が逸れました。2017年のBromptonレギュラーモデル、入荷してくる台数はわずかです。それは、当店の規模が大きく影響している部分もございますが、決して安くはない自転車ですから、じっくりと選んでいただき、じっくりとご自身の一台をお決めいただきたいから、というところが非常に大きいのです。

もう少し先の話ですが、2017年モデルのBrompton 試乗車は5グレードを用意し、それに合わせた店内レイアウトへ変更いたします。その大前提を踏まえると、レギュラーモデルも大切ですが、より細かなオーダーに応えることができる、B-Spokeでのご注文が必然的に多くなってくることと思います。納期はかかりますが、ご納得の一台をご購入いただけるように、ゆっくりとお手伝いさせていただきたいからです。

いつもありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。

※11月の予定はこちら → こちら

※11/04時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀