‘DAHON’ タグのついている投稿

2016 DAHON Mu SLX 納車いたしました。

2017 年 2 月 12 日 日曜日

先日の作業です。そろそろ2017年モデルが入荷してきておりますが、ご検討くださった結果、カラーリングがこちらのほうがお好みとのことで、2016年モデルのDAHON Mu SLXを納車させていただきました。

右】チタンという名称のカラーは艶のないグレー。各部品類は黒色で統一され、落ち着いた雰囲気です。中】タイヤはパナレーサーのミニッツライトPT。右】ハンドルポジションが変更可能なVROステム。長身のお客さま、ハンドルポジションが変更可能、という点も含めて、大変気に入ってくださいました。ありがとうございました!

<DAHON>Mu SLX:¥207,000【税別】→特価

※2月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※2/10時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 DAHON DOVE UNO 初回分入荷いたしました。

2017 年 1 月 24 日 火曜日

さて、先日入荷いたしました、DAHONとしては最小の14インチホイールを持つ、DOVE UNOです。一見するとFIATのAL-FDB140、RenaultのAL-FDB140と同様に見受けられますが、DAHON製のFIATは既に販売終了、Renaultは酷似しておりますが、DAHONでのOEM生産ではございません(フレーム形状が異なるので識別は可能です)。

PRESTO SLが大きな人気を博し、好評のうちに2017年モデルは輸入元さまでは完売し、流通在庫のみ、という状況です。実際の生産台数はそれほど多くなかったのですが、それだけニーズに合致していた、ということ。

軽量かつコンパクトな自転車のニーズに対して、日本専売モデルではなく、インターナショナルモデルの試験的導入、という切り口ではありますが、輸入元さまが本腰を入れ始めた、と考えております。もちろん、設計コストや生産台数を抑える、という実情もあるとは思いますが、その意欲に拍手!今期の売れ行き次第では、バリエーションが増えてくることも予想されます。

左】リアスプロケットは11T。中】ヘッドチューブにはバレットトラス用の台座。他社製品にも適合するものがございますので、拡張性も〇。フェンダーも付属。右】フロントチェーンリングは42T、クランク長165mm。ライバル他社の仕様を考慮しているのでしょう、より実用性を重視した部品選定がなされております。

カラーはこのクイックシルバー単色のみ。今回の初回入荷はスリップバッグミニが付属(単体で¥4,700【税別】です)気軽に折り畳み自転車を始めてみたい、という方へお勧めいたします。

<DAHON>DOVE UNO:¥51,000【税別】

※1月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※1/24時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 DAHON PRESTO SL 最終入荷です。

2016 年 12 月 27 日 火曜日

昨日のこと、友人とコーヒーをいただきながら雑談をしていたのですが、クリスマスが終わり、年末へ向けての慌ただしさと、バタバタとした忙しさが落ち着いてきた感じ。来る新年に向けて、近所のスーパーにはしめ飾りと鏡餅が並びだし、静かに、でもどこか楽しげな雰囲気を感じています。

今朝はぱらついていた雨もやんで、空が明るくなってきました。さてと、と到着した荷物を開梱。その人気を裏付けるように、2017年モデルは既に輸入元さまにて完売しておりますが、個人的思い入れもあるこの車種、今期最終入荷のプレストSLのご紹介です。2016年モデルとは共通・継続ですが、当ブログではご紹介できておりませんでしたので、改めて。

左)アルミフレームに対して、後輪の固定と位置調整を適切にするため、チェーン引きを装備。エンドへきっちりと収められ、確実な後輪の固定と容易なチェーン調整を実現いたしました。スプロケットのロックリングはメッキ加工がなされたスチール製。

中)クランク周辺。当店におきましては、開梱時にはチェーンリングはクランク外側へ組み付けられておりますが、チェーンラインを優先し、クランク内側へ組み替えたうえで納車しております。

右)以前ご紹介のMu SLXもそうですが、より軽量なKCNC製シートポストを装備。DAHON専用スペックです。

<DAHON>PRESTO SL:¥107,000【税別】

※12月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※12/27時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 DAHON Spoeedfalco 入荷いたしました。

2016 年 12 月 26 日 月曜日

昨日の入荷です。DAHONの各車種の中でも、定番中の定番。クロモリフレームの中堅クラス、Speedfalcoです。改良を重ねながら、じわりじわりとその存在感が定着してきておりますが、他のモデルと同様、フロントディレーラー周辺の改良がなされ、より良い自転車へ進化を遂げておりますね。

左】ブレーキレバーはAVID製。定番ながらカッチリとしたタッチ、耐久性の高い製品。中】今回入荷の新色、アメジスト。光沢の強い紫色ですが、品の良い高級感のある印象。フロントフォークは同様に光沢のある黒色でまとめてあります。右】従来は滑車を使ったワイヤー取り回しでしたが、今回よりシートチューブ下部にアウター受けが装備され、ワイヤー角度も昨今のフロントディレーラーに対応するものとなりました。防水・防塵に対処が必要ですが、嬉しい改良ですね。

さて、ここ最近は輸入元さまへ入荷、各販売店が予約注文をしていた新モデルが入荷してくる時期。合間の時間にネット徘徊をしていると、これこれが入荷~という記事がよく目につきます。当店もその例にもれず、残り少なくなってきた2016年モデルのご紹介と、新たに入荷してきた2017年モデルのご紹介、という内容が多くなっております。

それはもちろん大切な情報ですが、
もっと、当店からお客さまに伝えたいことを記しておきますね。長くなりますが。

昨日ご来店くださったお客さまとの雑談の中で、「自転車のことは詳しくないので、、、」とおっしゃっていたのですが、「むしろ、詳しくなる必要はございませんよ」とお伝えいたしました。決して安くはない買い物ですし、メンテナンスのことも考慮すると、ただ単純に欲しい!と思った自転車を買うことが、必ずしも最善とは限りません。ネット上の情報は必ずしも正しいとは限りませんし、自転車の機能を優先されるのか、それとも、ルックスを優先されるのか。あるいは、ご自宅やお勤め先の近くなど、立ち寄りやすいお店で購入する、という選択肢もありえると思います。

もちろん、それが当店であれば、非常にありがたく、嬉しいことなのですが、○○の自転車をください!とお越しくださった方とじっくりお話をしてみますと、実は●●の自転車のほうがご用途にぴったりだった!とか、●●の自転車のほうがご用途にはぴったりでしたが、やっぱり○○の自転車のほうが格好良いのでこっちにします!とか、お値段の点で△△の自転車にします、とか。もちろん、当店でお取り扱いがないものに関しては、尽力することもありますが、他店さまをご紹介することが、最終的にお客さまのニーズにお応えできる場合もあります。

何度も記しますが、決して安くはありませんので、ご納得の上で購入していただきたい。何なりと、お気軽にご相談下さいませ。お待ちしております。

※12月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※12/23時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 DAHON Helios 入荷しております。

2016 年 12 月 23 日 金曜日

本日はとても風が強く、寒い祝日でしたね。本日も多数のお客さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。店内の暖房もちょっと強めに効かせつつ、本日到着の2017年DAHONヘリオスのご紹介です。

以前発売されていたヘリオスSLとは異なり、今回はプレストSLと同様に割り切った変速なしのシングル。ブレーキはキャリパーブレーキ仕様です。しかしながら、軽量なホイールとシンプルな装備で、カタログ値で9.6㎏(!)。20インチの安定感と軽量性、比較的お求めやすい価格で、人気が出そうです。

今回のご紹介はオーソライズドディーラー限定のレトログリーン。シルバーの部品と合わせて、軽快な印象が際立ちますね。

<DAHON>Helios:¥109,000【税別】

※12月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※12/23時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

DAHON 2016年モデル 在庫ございます。

2016 年 12 月 16 日 金曜日

さてさて、連日のDAHONご紹介です。2017年モデルがドドドと入荷してまいりましたので、小さな店内はえらいことになっておりますが、2017年モデルが入荷してきたからでしょうか?逆に、2016年モデルへのお問い合わせをちらほらと頂戴いたします。では、、、ということで改めてのご紹介。詳細はリンク先をご参照いただくこととして、旧モデルゆえの特価にてご案内いたします。

<2016年 DAHON>※価格はメールにてお問い合わせください。→こちら

Mu ELITE(ミクストブラック):¥296,000 【税別】 → 特価※現在商談中です。
Mu SLX(チタン):¥207,000【税別】 → 特価
Speedfalco Limited(ナイトクローム):¥89,000【税別】 → 特価
Curve D7(アイボリー):¥71,000【税別】 → 特価

※12月の予定はこちら → こちら
※12/17【土】2016忘年会です → こちら

※12/12時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 DAHON CurveD7 入荷いたしました。

2016 年 12 月 14 日 水曜日

本日は平日MTB会の予定でしたが、昨晩より降り続いた雨で、現地トレイルの状態は良くないと判断し、残念ですが中止と判断いたしました。ご参加を楽しみにされていた皆さま、また次回のご参加をお待ちしております!

さて、ここ最近もいつも通り(?)にバタバタとしております。昨日に続いて入荷してまいりました、DAHONの2017年モデルのご紹介、今回はCurve D7です。こちらは基本的に2016年モデルと変化はございませんが、それだけ完成の域に達しているのかな?と推察されます。

左】エルゴノミック形状のグリップは持ちやすい印象。しっかりとネジで固定されますので、回ってしまいづらい構造。中】今回入荷のレガッタブルーはよくよく見るとメタリックの粒子がキラキラと。かなり鮮やかな色ですので、正直なところ好みはわかれるところですが、よい色です。右】Mu系のフレーム全般に言えることなのですが、複雑に入り組んだフレーム後半部分の各パイプ。右側はチェーンを逃がすべく内側へ曲げられておりますが、5本のパイプがカーブを描きながら、美しいシルエットを形成しております。

と、ややこしい文言はこのくらいにして。

剛性感の高いアルミフレームへ、フェンダーまで装備。価格、コンパクト性、実用性、走行性能のバランスが取れた一台です。もっとこのバランスの良さを知っていただきたい!というのが本音です。現状、2016年モデルも在庫ございますし、とちょっと宣伝も。

<DAHON>CurveD7:¥68,000【税別】

※12月の予定はこちら → こちら
※12/14【水】平日MTBの会です(予定人員に達しており、告知しておりません)雨天中止といたします。
※12/17【土】2016忘年会です → こちら

※12/12時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

DAHON Visc EVO入荷いたしました。

2016 年 12 月 13 日 火曜日

本日は小雨模様。明日の平日MTBの会は中止ですね、、、ちょっともやもやとした気持ちですが、バリバリと作業をこなしてまいりましょう。先日入荷しました、2017年モデルのVisc EVO。2016年モデルとはガラッと変わって406→451サイズのホイールへ変更されております。

左】中】451ホイールを収めると同時に、キャリパーブレーキへ変更されております。451サイズでは太いタイヤがほぼ皆無ですので、必然的に細いタイヤを装備することになりますし、高速域でのコントロール性を考慮すると、キャリパーブレーキのほうが優位です。

右】フロントディレーラーのワイヤー取り回しがBB下側へ変更され、それに伴ってアウター受けが追加されております。最新のシマノ製フロントディレーラーはワイヤー取り付け部分のアームが長くなっており、ロードバイクなどでは問題ありませんが、より適切な角度でワイヤーを引くための改良です。

より高速性、順行性を重視した改良がなされ、各モデルごとのキャラクターが明確になってまいりましたね。軽量性を重視したMuSLX、カスタマイズ性まで考慮したHelios、高速性能を重視したViscEVO、お気軽な街乗りにはHORIZE、お求めやすい入門クラスはBoardwalkといった感じでしょうか。名前通りのEvolution(進化)ですね。

<DAHON>Visc EVO:¥123,000【税別】

※12月の予定はこちら → こちら
※12/14【水】平日MTBの会です(予定人員に達しており、告知しておりません)雨天中止といたします。
※12/17【土】2016忘年会です → こちら

※12/12時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

2017 DAHON HORIZE 納車整備いたしました。

2016 年 11 月 29 日 火曜日

201611291

本日の作業です。街乗りに適したDAHON HORIZEの2017年モデルが入荷、納車整備いたしました。このカラーはシトロンイエローという名前。じっくりと拝見するとなかなかに凝ったカラーリング。格好良いです。

201611292201611293201611295

左】他のDAHON各モデルとは異なり、ディスクブレーキへ対応した車体ですので、フロントは100mm幅、リアは135mm幅のホイールです。中】シトロンだからでしょうか?柑橘系をイメージして、、、なのかはさておき、DAHONロゴはメタリックグリーンできらきらと輝いております。こういう細かな意匠が凝っているのは嬉しいところ。右】しっかりとお尻をホールドする形状のサドル。個人的にはかなり好きな形状でした。

じっくりと眺めていると、デザイン性をある程度優先しつつも、街乗りを主とする折りたたみ自転車に対して要求されるであろう機能が詰め込まれているように見受けられます。直線的なアルミフレームはやはりパッと目を引きますね。正直なところ、フレーム高さが高く、小柄な方にはサドル前側からの乗り降りはちょっとしんどいかもしれません。しかしながら、太く直線的なフレームにカラフルなカラーリング、ブラックアウトされたホイールとのコントラストが美しいです。

機能的に見てみると、軽量なアルミフレームに外装8段、グリップシフト。ハンドルステムは上下固定式ながら、適度にリラックスしたポジションになっており、街乗りには過不足なし。

試乗してみた感じとしては、メインフレームが水平になった分、位置が高くなっておりますので、ヒンジ~シートクランプ部~BB~ヒンジの三角部分が大きくなり、シートポストの出代が相対的に小さくなる格好ですので、剛性感は高い印象です。もちろん、Vクランプの恩恵によるところも大きいかと思います。

「パッと見のルックスも大切だけど、本格的過ぎるのはイヤ。でも本物志向で!」という感じでしょうか(笑)。

<DAHON>Horize:¥79,000【税別】

※11月の予定はこちら → こちら

※11/27時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ滋賀

2017 展示会ラッシュでした【4】 DAHON①

2016 年 9 月 16 日 金曜日

201609161定休日を挟んでおりましたので、更新が遅くなりましたが、引き続き先週の展示会ラッシュの様子です。

新家工業さまを後にして、そのまま神戸へ移動、いよいよDAHONの輸入元、アキボウさまの展示会会場へ。入場するとすぐに目に入ってきたのは、2017年モデルで復活したヘリオス。今まではヘリオスP8としてアルミフレームの中堅クラス、そしてヘリオスSLという最軽量モデルとして発売されておりましたが、より剛性を高めたMuシリーズへとバトンタッチ、廃盤となっておりました。

2013年のプレストSLの復活。当時はDAHON社の30周年を記念した限定モデルとしての発売でしたが、当店だけでなく、他店さまでもその軽量性、乗り味のダイレクト感でご好評だったと伺っております。

限定モデルゆえに2015年モデルは販売されませんでしたが、お客さまからのご要望にお応えして、2016年モデルとしてプレストSLは再復活、2017年モデルはそのままの仕様にて継続販売となっております。

前置きが非常に長くなりましたが、プレストSLはどちらかというとマニアックな車種です。そして、今までのDAHONでは考えられなかった、旧モデルの再発売、という柔軟な発想。新技術を追い求めることを決して否定せず、お客さまからの声を反映させた商品開発。売れることはとても大切ですが、それだけではなく、もっとしなやかな感覚で、正しくそのすそ野を広げていきたい!というアキボウさまの強い思いが伝わってきました。

そして、今季2017年モデルとして、そのプレストSLの20インチ版兄弟車ともいえるヘリオスの復活は必然の流れなのかもしれません。お気軽な街乗りや軽さを生かした輪行サイクリング、あるいはカスタマイズのベース車両としても、20インチのヘリオスは非常に良いポジションの製品として、今までのP8、SLとは異なるアプローチでやってきました。

日本専売モデルとして、DAHON PROの軽量ホイール、シングル仕様にて発売されます。しかしながら、シートポストやタイヤはいわゆるPグレード仕様と同等。シンプルかつ軽量なスペックでありながら、販売価格のことも考慮されており、戦略的な価格設定が見て取れます。カラーラインナップはパール、チタン。オーソライズドディーラー向けには、レトログリーンが限定発売されます。こちらはクラシカルな装いが新鮮です。

と、ここまで書いておいて、肝心の写真がカタログ写真なのですが、展示会の途中でiphoneの電池がなくなってしまったというオチなのでした。

<DAHON>Helios:¥109,000【税別】

※9月の予定はこちら → こちら Brompton 2017 大阪

※7周年ピンバッジも製作中です!→ こちらこちら

※9/14時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ 滋賀