‘rin project’ タグのついている投稿

ミズタニ自転車さまの展示会へ行ってまいりました。

2018 年 10 月 23 日 火曜日

先週の水曜日、BromptonやChrisKing、NINERの輸入元でもあります、ミズタニ自転車さまの新製品発表会へ行ってまいりました。ここ最近お問い合わせをいただくことが多くなりました、Bromptonの2019年モデルでの新色もじっくりと見てまいりましたよ。

いつも通り、店主目線でググっと来たものをピックアップしてご紹介いたします。

左】私自身もROS9というモデルを愛用のNINER。特に目立った新製品はございませんでしたが、SIR9はセッティングの自由度が高く、汎用性にたけた車体。長時間のライディングでも疲れにくい設計で、未舗装路のツーリングからシングルトラックをぐりぐりと駆け回るような使い方まで対応可能、とのことです。フレームのみ¥180,000【税別】です。

中】定着した感のあるチューブレス。NOTUBESのリムは断面形状は同一ながら、幅のラインナップが豊富。昨今のファット化が進むクロス/MTB系に細かく対応できます。

右】同じくNOTUBESのシーラント。長期使用による劣化が少なくオススメ。ダメージを早くリカバリーするために、補修性能を重視したレースシーラントと、通常のタイヤシーラントの2種類。

左】同じくNOTUBESオリジナルのアルミバルブ。長さは35/44/55mmと選択可能、軽量化にお勧めです。¥2,500 【税別】。

中】グラスファイバーによるしなりを用いたサスペンションフォークのLAUF。同社のフォークとベストマッチングのグラベル&エンデュランス向けカーボンフレームも展示されておりました。クリむホワイトのカラーリングも素敵。¥320,000【税別】です。

左】中】ONYXのハブはカラーオーダーが可能。こちらはそのカラーサンプルです。カラフルで愛らしいですが、スプラグクラッチ、所謂ワンウェイクラッチシステムです。踏み始めのバックラッシュがほとんどなく、どこからでもすぐにかかりのよいトルク伝達が可能、、、。とここまで書いて写真を撮り忘れていたことに気づきました。以前の記事をご参照ください→こちら

右】左下】今期から新規お取り扱いのPATRICK。シマノSPDに対応したビンディングシューズです。カジュアルのSULLY(¥18,000【税別】)、古き良きレーサーシューズの雰囲気そのままのPOULIDOR(¥20,000 【税別】)ガチガチではないソールが歩きやすく好印象でした。

上中】上右】ONEMILEという自転車シューズブランドが初お目見え。上記PATRICKとは異なり、よりタウンユースに近い格好です。スケーターシューズのような外観ながらSPDへ対応したOMP403(¥13,000【税別】) とランニングシューズ形状のOMP401と402(¥8,500【税別】)です。こちらはペダルとのグリップを重視した独自のパターンを採用しております。

さて、いよいよBrompton。Carradiceのジップサドルロールのミズタニさま別注品。Bromptonの輪行袋内へ収まるよう、幅を詰めたタイプです。ハリスツイード仕様が¥9,800【税別】、ダックスキャンバス仕様が¥8,500【税別】です。

そして新色のフレイムラッカー。従来のRAWラッカーと同様の手作業研磨仕上げの上に、クリアーオレンジを重ねたような透明感、金属光沢のあるカラーリングですね。こちらもRAWカラーと同様にプレミアムフィニッシュの+¥30,000【税別】にてご用意可能、11月の入荷予定です。

そして意見の分かれるパープルメタリック。こちらも同様の手作業研磨仕上げの上から、ラメ入りのパープルクリアを塗装しております。日光が当たるときらきらとして美しいです。

そして、通常カラーのパピルスホワイト。従来のグレイとホワイトを足して2で割ったような、ほんの少しだけグレイ寄りのカラーリング。シンプルで格好良いです。そして言うまでもないホットピンク。以上の通常カラー2色は従来通りマット仕上げですよ。

実は火曜日に入荷してくる予定のブラックエディション。特に、廃盤カラーのオレンジとターキッシュは、今となってはブラックエディションでのみ発売されます。RAW、オレンジとターキッシュはいずれもグロス仕様ですので、今までとは異なる雰囲気になりそうですね。

左】CATEYE時代にお世話になった先輩のブース。KMCの各種チェーンは頑丈ですので、当店でもお勧めです。パッケージが変更され、とても見やすくなりましたね。

ササっとご紹介いたしましたが、各種資料もございます。
ご質問の際には、是非お声がけ下さいませ。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※10月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※10/22時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら

1/24【水】~1/25【木】東京遠征でした (その②)

2018 年 2 月 4 日 日曜日

さて、ご好評の東京遠征レポートですが、2日間の別記事を挟んでの更新です。既に情報としては最新ではなくなっている部分もございますが、そこはご了承いただけましたら幸いです。

ライトウェイさまの展示会場は北千住駅そば。サクッとBromptonを輪行袋へ入れて会場入り。各ブランドの新製品・おすすめ品などの展示を見て回ります。もちろん、ここでも私目線にて気になったものをご紹介いたします。

右】まずはSRサンツアーのサスペンションフォーク。私も愛用しておりますが、コストパフォーマンスは申し分なし。BOOST規格、27.5+/29兼用品が増えてきておりますね。

中】次はライトウェイさまオリジナルのラック。浅めのカゴ形状で底板は竹集成材を使用。ステー類が豊富に付属いたしますので、取り付けの自由度が高いです。

右】クランクブラザーズのシューシールド。クリートによる靴底へのダメージを軽減してくれます。

上】フレーム保護シール。安価で適度な厚さ。光沢があるのでマット仕上げの自転車には似合いませんが、ええ製品。スタンド各種は取り付け用のステー形状に一工夫。適応する車種が多くなるように配慮がなされております。サイクルデザイン製のバイクパッキング用バッグ類。安価ながら他社製品をよく研究しているな、と好印象でした。

下】シートクランプですがキャリアダボが。工夫次第で積載の幅が広がりそう。

この日はライトウェイさまとは別に、「サイクルパーツ合同展示会」も開催されておりましたので、足早に(自転車ですが)会場を後にして向かいます。途中では偶々HD300が入れ替え作業中でしたのでパチリ。実際に動いている姿を見たのは初めて。結構静かですね~。

とか何とか言っているうちに北千住から東京都立産業貿易センター台東館 へ到着。Bromptonを折りたたんで持ち込みます。

左】CATEYEさまの既存製品たち。実は最初に就職したのはこちらでした。久しぶりに津山社長とお会いできましたので、近況のご報告などゆっくりとお話しすることができました。ありがとうございました!

中】NITTOさまの新型ステム。所謂オールドスタイルのMTBなどに良さそうですね。右】いつも大変お世話になっております、RINDOWさまのオリジナル車。おしゃれですね~。当店でもお取り扱いを開始予定です。

左】RINDOW様お取り扱いのグリップ。イタリア製でクラシカルな雰囲気です。中】右】SHOWA製のリアキャリアへ取り付ける浅型ラック、CZ-01。いろいろなものが積載できそうです。

左】中】クワハラバイクワークスさまのブースでは27.5+のフレームとソロテントが!一般的なアルミ製ポールではなく、空気を入れて膨らませるポールを使用するので、比較的コンパクトにまとまります。設営に時間がかかりそうですが、軽量性との兼ね合いでどう判断を下すか?

右】星工業さまの新型スポーク。特殊加工により破断強度をUP!独特なブラウンカラーも格好良いです。サンプル手配中です。

左】センタン工業さまの各種バスケット。アルミ製の製品は外観も洗練されていて、自転車の雰囲気がグッと変わりそうです。右】今回最も盛り上がったのが日泉ワイヤーさまの各種アウター類。今までありそうでなかったクラシカルな雰囲気です。全く同じサンプル確認用ボードが入荷済み。店頭にてご覧いただけますよ。

左】Yurisさまのお取り扱い、インダストリーナイン。一度は使ってみたい製品です。中】イギリスのパイプドリーム。きれいな作りとシンプルなグラフィックが格好良いです。右】こちらはドイツのTune。こちらは軽量性重視の造作のようです。

左】RinprojectさまのBrompton用輪行袋。チェック柄は可愛らしいのですが、収納サイズはちょっと大きめです。

ササっと会場を回りましたが、建物の5/6/7階をすべて詳細に回るのは結構大変で、先のライトウェイさまと同日開催。しかもこちらは17時までだったので、なかなかじっくりと拝見できずでした。今後はどうなるのか?業界の状況を肌で感じることができる、またとない機会ですから、できるだけ参加したいところですが、ここまでバタバタしてしまうと、じっくり楽しめないな、、、というのもあるし。出店業者さまの搬入・搬出のご事情もあるのでしょうから、次の対策を考えましょ。

ということで、上京の際のお楽しみ、夕食のお店までBromptonを走らせました。

まだ続きますよ。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※2月の予定はこちら → こちらarbour バブアー

※2/4時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

rin project ウールニットキャップ 入荷いたしました。

2013 年 10 月 26 日 土曜日

201310263

この週末、大阪市内は無事に台風は過ぎてくれたようで、まずは一安心というところですが、関東以北は大雨など予断を許さない状況で、心配ですね。くれぐれもお気を付け下さいませ。

今朝など少し肌寒い感じで、ちょっと早いのですが当店におきましても、rin projectさまの商品をお取り扱いさせていただくこととなりました。まだまだ店内にズラリと言うほどではございませんが、まずは取り急ぎ定番品のご紹介です。サイクルキャップをモチーフとした、ウールニットキャップ。短いつばとはぎ合わせによるもので、後部のリブを折り返せば、風の冷たい日などは耳をさらさずに覆うことができます。

201310261201310264201310262

モデルがいま一つなのですが・・・、そこは軽く流してやってください(笑)。シルエットは綺麗で、かなりストレッチが効きますね。リブを挙げた状態(左)と下げた状態(右)、結構しっかりと耳を覆ってくれておりますよ。正面の「BICYCLE」ロゴは白糸による刺繍(!)です。画像では少々分かりにくいですが、現物は良い雰囲気かと。既に生産終了とのことですので、お早目に。

<rin priject>ウールニットキャップ:¥3,990

※5周年記念ピンバッジ頒布要領はこちら → こちら
※現時点での在庫状況はこちら → こちら※10/26更新!
※当店オリジナル・Brompton専用フロントハブ完成! → こちら
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら