‘Riteway’ タグのついている投稿

2019 RITEWAY SHEPHERD CITY 納車整備いたしました。

2018 年 7 月 30 日 月曜日

先日の作業です。ご近所さまからのご依頼で、RITEWAYのSHEPHERD CITYを納車整備いたしました。先日の展示会でも現車を見てまいりましたが、質実剛健でありながらシンプルなシルエットが素敵な印象でした。今回はお客さまからのご要望で、純正オプションのカゴを追加いたしました。

左】純正オプションのアーバンフロントバスケット(シルバー)。粉体塗装による頑強な塗膜が自慢のアルミ製フロントバスケット。竹集成材を用いた柔らかな雰囲気がこのカラーリングにぴったりです。

中】右】乗りやすいジオメトリ―のアルミ製フレームに控えめな各部ロゴ。ほとんど見えないというお声もチラホラですが、これはこれで個性的。シマノ製パーツで揃えているのも好印象。写っておりませんが、センタースタンドは専用台座へしっかりと装備です。

11㎏を切る重量もこの価格帯としては十分以上。以前ご紹介のブリヂストンのCYLVAもそうですが、日本ブランドならではの配慮が行き届いた製品ですね。

<RITEWAY>SHEPHERD CITY:¥57,800【税別】
※ベース車両の価格です。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/23時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

GT FELT RITEWAY 2019年モデル展示会へ行ってまいりました。

2018 年 6 月 29 日 金曜日

今週水曜日は定休日。当タイトルにもありますように、GT・FELTの輸入元のライトウェイプロダクツジャパンさまの2019年モデル展示会へ行ってまいりました。おかげさまで体調そのものは良いのですが、ここ数日は納車整備・修理作業が非常に忙しく、とてもキーボードへ向かっている状況ではございませんでしたので、ブログ更新が滞っておりました。

さて、愛車のBromptonを輪行し、南海電車で中百舌鳥まで。会場入りしたのは9時前だったのですが、入り口には既に行列ができており、勝手に期待が膨らみます。

とか言っているうちに開場。今回は旧モデルの特価コーナーへダッシュ。ええ塩梅の製品を発注いたしましたので、またご紹介できることと思います。

広い会場内にはほとんどのモデルが展示され、とてもご紹介できない量ですので、店主の独断にてピックアップした一部をササっとご紹介。GT社は特にコストパフォーマンスに優れた製品が多いのですが、その開発力はなかなか侮れないところ。目を見張るような軽量性こそございませんが、逆にしっかりとした耐久性を持たせてあり、ガンガンとお使いの方へお勧めです。

左】ハードテイルMTBのトップ、ZASKAR CARBON ELITE。29インチのクロスカントリー向け、独自のトリプルトライアングルフレームとカラーリングが格好良いです。¥278,000【税別】

中】グラベルロードのGRADE CARBON EXPERT、¥318,000 【税別】、右】同ELITEは¥228,000【税別】フレームは共通のカーボン製で、グレードの違いはフロントフォークとコンポーネント。驚くほど細い形状のシートステイ。しなやかな乗り心地が期待できそうです。こちらもカラーリングが私好み!

左はトレイル向けフルサスペンションのVERB。こちらもELITEとCOMP(左)のグレードがあるのですが、完成車で¥128,000【税別】という価格!さすがにリア135mmQRは古さを感じさせますが、iDriveというGT社独自のリアサスペンション機構で、ペダリングロスの少ない設計。

お気楽トレイルライドには必要十分以上のスペックですね。ストロークは前後とも120mmですよ。

 

そうかと思えば、遊び心にあふれたBMXも各種ラインナップ。スリースタイル用の上位機種、PERFORMER、¥44,800【税別】。これまた個性的なカラーですが、ともすると下品になりがちなところを、うまくまとめてくるのはアメリカならではのセンスでしょうか。

こちらは下位モデルのSLAMMER。半透明塗料にドットが飛び散ったような、これまた独特なカラーリングですよ。なんと表現すればよいのでしょう?それでも、全体の印象はとても格好良いですね。¥39,800【税別】です。

特に充実していたのはキッズバイク。GTにはSTOMPER PRIMEシリーズに注目。20インチは軽量なアルミフレームにリジッドフォーク。しっかりとトリプルトライアングル形状になっているのが嬉しいです。24インチ以上にはフロントサスペンションが装備されます。レッドとスレートブルーの2色、¥31,800 【税別】です。

最後に、今回最も好印象だったのが、RITEWAYのSHEPHERD24SLという、大人用と同じ設計のキッズバイク。身長130㎝から150㎝に対応可能です。カラーは6色、¥55,800【税別】です。

フレームはもちろん、ホイール径やクランク長さなど、すべてが専用品。決して無理をさせずに、楽しく、気持ちよく走るためのデザインがなされています。これは非常によくできていますね!

と駆け足でのご紹介でしたが、この後の通院がありましたので、愛車をササっと展開して会場を後にしました。梅田駅からは5300系のトップナンバーに乗ってご機嫌。通院後はいつものお店で鱚天をいただいたのでした~。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※Brompton Sバッグキャンペーン中 → こちら
※Brompton VOLT400 発売記念キャンペーン中 → こちら

※6月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車

※6/29時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

1/24【水】~1/25【木】東京遠征でした (その②)

2018 年 2 月 4 日 日曜日

さて、ご好評の東京遠征レポートですが、2日間の別記事を挟んでの更新です。既に情報としては最新ではなくなっている部分もございますが、そこはご了承いただけましたら幸いです。

ライトウェイさまの展示会場は北千住駅そば。サクッとBromptonを輪行袋へ入れて会場入り。各ブランドの新製品・おすすめ品などの展示を見て回ります。もちろん、ここでも私目線にて気になったものをご紹介いたします。

右】まずはSRサンツアーのサスペンションフォーク。私も愛用しておりますが、コストパフォーマンスは申し分なし。BOOST規格、27.5+/29兼用品が増えてきておりますね。

中】次はライトウェイさまオリジナルのラック。浅めのカゴ形状で底板は竹集成材を使用。ステー類が豊富に付属いたしますので、取り付けの自由度が高いです。

右】クランクブラザーズのシューシールド。クリートによる靴底へのダメージを軽減してくれます。

上】フレーム保護シール。安価で適度な厚さ。光沢があるのでマット仕上げの自転車には似合いませんが、ええ製品。スタンド各種は取り付け用のステー形状に一工夫。適応する車種が多くなるように配慮がなされております。サイクルデザイン製のバイクパッキング用バッグ類。安価ながら他社製品をよく研究しているな、と好印象でした。

下】シートクランプですがキャリアダボが。工夫次第で積載の幅が広がりそう。

この日はライトウェイさまとは別に、「サイクルパーツ合同展示会」も開催されておりましたので、足早に(自転車ですが)会場を後にして向かいます。途中では偶々HD300が入れ替え作業中でしたのでパチリ。実際に動いている姿を見たのは初めて。結構静かですね~。

とか何とか言っているうちに北千住から東京都立産業貿易センター台東館 へ到着。Bromptonを折りたたんで持ち込みます。

左】CATEYEさまの既存製品たち。実は最初に就職したのはこちらでした。久しぶりに津山社長とお会いできましたので、近況のご報告などゆっくりとお話しすることができました。ありがとうございました!

中】NITTOさまの新型ステム。所謂オールドスタイルのMTBなどに良さそうですね。右】いつも大変お世話になっております、RINDOWさまのオリジナル車。おしゃれですね~。当店でもお取り扱いを開始予定です。

左】RINDOW様お取り扱いのグリップ。イタリア製でクラシカルな雰囲気です。中】右】SHOWA製のリアキャリアへ取り付ける浅型ラック、CZ-01。いろいろなものが積載できそうです。

左】中】クワハラバイクワークスさまのブースでは27.5+のフレームとソロテントが!一般的なアルミ製ポールではなく、空気を入れて膨らませるポールを使用するので、比較的コンパクトにまとまります。設営に時間がかかりそうですが、軽量性との兼ね合いでどう判断を下すか?

右】星工業さまの新型スポーク。特殊加工により破断強度をUP!独特なブラウンカラーも格好良いです。サンプル手配中です。

左】センタン工業さまの各種バスケット。アルミ製の製品は外観も洗練されていて、自転車の雰囲気がグッと変わりそうです。右】今回最も盛り上がったのが日泉ワイヤーさまの各種アウター類。今までありそうでなかったクラシカルな雰囲気です。全く同じサンプル確認用ボードが入荷済み。店頭にてご覧いただけますよ。

左】Yurisさまのお取り扱い、インダストリーナイン。一度は使ってみたい製品です。中】イギリスのパイプドリーム。きれいな作りとシンプルなグラフィックが格好良いです。右】こちらはドイツのTune。こちらは軽量性重視の造作のようです。

左】RinprojectさまのBrompton用輪行袋。チェック柄は可愛らしいのですが、収納サイズはちょっと大きめです。

ササっと会場を回りましたが、建物の5/6/7階をすべて詳細に回るのは結構大変で、先のライトウェイさまと同日開催。しかもこちらは17時までだったので、なかなかじっくりと拝見できずでした。今後はどうなるのか?業界の状況を肌で感じることができる、またとない機会ですから、できるだけ参加したいところですが、ここまでバタバタしてしまうと、じっくり楽しめないな、、、というのもあるし。出店業者さまの搬入・搬出のご事情もあるのでしょうから、次の対策を考えましょ。

ということで、上京の際のお楽しみ、夕食のお店までBromptonを走らせました。

まだ続きますよ。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※2月の予定はこちら → こちらarbour バブアー

※2/4時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

3/1【水】~3/2【木】 東京遠征でした(その②)

2017 年 3 月 5 日 日曜日

東京遠征の続きです。Sハンドルならではのダイレクト感を楽しみつつ、無事にライトウェイさまの展示会、浅草橋の会場へ到着。ササッと折りたたんで、場内にて預かっていただきました。じっくりと各ブランドさまの展示を見て回ります。

右上】従来よりお取り扱いのBURLEY社のTRAVOY。今年4月ごろよりライトウェイさまにてお取り扱い開始の予定です。部品供給もより安定、当店でも展示を考えておりますよ。(以前の記事はこちら

左上】同じくBURLEYのチャイルドトレーラー。ヒッチ部分もよく考えられた形状です。車道通行が必須ですので、大阪市内ではちょっと使いづらいかもしれませんが。中上】当店でもお勧めしております、SR SUNTOURのサスペンションフォークたち。テーパーコラム、27.5インチ、15mmスルーアクスルがド定番となりつつある中、一部製品には26インチのストレートコラム仕様などなど、柔軟に対応できるラインナップ。右上】PEDROSのオレンジピールというパーツクリーナー。名前どおりの天然成分で安心、水溶性なので水と混ぜて分解させれば自然に還ります。

左上】同じくペドロス製の各種ケミカル。担当の方が非常に細かく説明してくださり、洗浄力の違いによる使い分けを教えてくださいましたよ。中上・右上】ALEXRIMSの新製品、20インチディスクブレーキ用ホイールと、MTB用ワイドリムホイールセット。こちらはBOOST規格のみ対応、まだ対応フレームは少ないものの、今後増えてきそうな予感。

左上】個人的にも所有しております、GARMINのEdge25J。電池持続時間が最大8時間ということで、出番が少なかったのですが、担当の方よりちょっとしたコツを教えていただきましたので、今後はバリバリと使いますよ。

中上・右上・左下】気になっていた、Varia Vision。スポーツサングラスのテンプル部分に専用マウントで取り付ける、インフォメーションディスプレイ。対応するガーミン社のEdgeシリーズへ対応しております。未来を感じさせてくれますね。

中上】独特な形状のUN SADDLE(アンサドル)。ペダリングに合わせて左右に振れる構造、痛みの問題を解決したばかりでなく、左右にローリングする動きによって、骨盤・膝・足の軌道が最適化され、それによりペダルへの入力が増強され、腰や膝の疲労もより軽減されるとのこと。試乗してみましたが、きれいなペダリングを要求されるので、正しく乗ることができそう。ただデザイン的な部分と価格とで躊躇しちゃいそうです。

右上】JUCOLAの各種サプリメント。正直なところ、当店ではあまり縁のない製品ではありますが、担当の方の説明がとても熱く(!)引きこまれながらウンウンと聞いてしまいました。楽しく、永く乗るためにはこういった製品も必要になるのかなと感じました。一度試してみようかな?

クランクブラザーズの各種ビンディングペダル。実際につあくぁれている方も多く、定番品ではありますが、個人的に気になったのは普及グレードのcandy1。

高級グレードと回転部分は同一で、樹脂ボディですので、岩などに接触した際にも引っかかりづらいことと、お求めやすい価格、カラフルなボディ。材質、構造上クリートの交換頻度はシマノ製よりも頻繁になるとのことですが、キャッチしやすい形状ですので、ビンディングペダル初心者の方にお勧めできるかなと。

会場はとても広かったのですが、ご来場の方々も多く、活気にあふれておりました。また各ブランドの担当さまの商品説明が非常に丁寧、かつ熱のこもったものでした。個々の担当がその担当するブランドの達人になるよう、入念に勉強されているとのことで、細かな質問に対しても、即座に回答くださっていたのが嬉しかったですね。特に、SR SUNTOURのサスペンションフォークについては、カタログ外の仕様であっても、場合によっては補修部品などを組み合わせてご用意できるかも!?というのが感激!多岐にわたる自転車の規格に対しても、対応できるところは対応したい、という熱い思いが伝わってまいりました。

さて、熱気が冷めないうちに、Bromptonを受け取って、別の会場へ移動いたします。お昼ご飯をどうしようかな~と考えながら(笑)。

まだまだ続きますよ。

※3月の予定はこちら → こちら

※2/28時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

ライトウェイプロダクツジャパンさまの展示会へ行ってまいりました。

2016 年 1 月 21 日 木曜日

201601218

昨日は定休日でしたが、ライトウェイプロダクツジャパンさまのパーツ&アクセサリー展示会でした。広い会場に所狭しと展示された各商品たち。気になる商品をピックアップしてみました。

201601211201601212201601213

上)GARMINのEdge25J。コンパクトなGPSサイクルコンピュータです。可愛らしいボディに機能が凝縮されていますね。

左)愛用中のCAMELBAG。一度使うとその便利さに手放せなくなります。よく考えられた構造は一日の長があります。中)こちらも愛用中のSR SUNTOURのサスペンションフォーク。29インチは輸入されないようですが、技術担当の方から大変興味深いお話しを伺うことができて、とても有意義でしたね。気になる方はご来店ください(笑)。

右)シューズブランドDMTの別ブランド、Diamanteのウィンターグローブ、under0(ゼロ)。現在Goldwin製品を使用しておりますが、そろそろ買い替えを検討中でしたので、次はこれかな?とチェック。手首周辺のフィット感がとても私好みでした。ちょっと高価ですが、しっかりとしたつくりが好印象。

201601214201601215201601217

左)TERZOのカーキャリア。昨今のフレーム形状でもしっかりと保持する構造になっていて感心しきり。中)こちらも当店定番のCRANAのフェンダー。カタログでは分かりづらい色調をチェック。右)クランクブラザーズと言えば・・・の携帯工具ですが、pシリーズは上位機種。高トルクをかけた時に、若干よれるような印象がありましたが、ほとんど感じさせないところまで改善されていましたね。

サクサクとご紹介いたしましたが、何よりも営業担当の方がとても丁寧に説明してくださったのが印象的でした。各担当ブランドの製品を理解し、実際に使っておられるからこその熱意あるアピール。見習わなくては!と会場を後にいたしました。

・1/23【土】夜ポタリングの会です→こちら
・1/27【水】平日MTBの会です→こちら

※旧モデルセール中です!→こちらこちらDAHON 大阪

※6周年ピンバッジ頒布要領はこちら → こちら Bromptonブルーノ
※7周年ピンバッジも製作中です!→ こちらこちら

※1/21時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 滋賀
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら小径 おりたたみ 折りたたみ

東京都自然公園利用ルール(案)に対して

2014 年 11 月 26 日 水曜日

自転車に関わるみなさまへ

ご存知の方も多いとは思いますが、「東京都自然公園利用ルール」内の「マウンテンバイクを利用する方々へ」という部分をご一読くださいませ。

東京都リンク先

概要としては、マウンテンバイクを持ち込まないように・・・、というものです。他の利用者の方々とのトラブルがあったのではないか?そして、今後のために排除しようという動きではないかと考えてしまいます。

歩行者、自転車、自動車が共存する公道と同様に、自然公園内においても、移動速度の異なる
ハイカー、トレイルランニング、そしてマウンテンバイク。まだまだ日本国内においては成熟できていない文化であると思います。自然公園を利用するにあたり、ただ単純に排除するのではなく、適正なルールを設定して、うまく共存できるようにしていただきたい、と思っておりますが、いかがでしょうか?

以前に私がインストラクター経験をさせていただいた、JBAさまも、この問題に関して記されております。

現在、東京都が個人や事業者などへ意見募集を行っております。11月28日(金)までと期日が迫っておりますが、できるだけ多くのみなさまへご覧いただきたい。そして、やっと根付いてきた、日本における自転車文化を少しだけでも良い方向へ向けていただければ、と思います。できるだけ多くの方々に知っていただき、ご意見を提出していただきたいと思います。

お世話になっております、山音製輪所さまもこの件について触れられています。

こちらもご一読ください。

2014 RITEWAY SHEPHERD IRON F 入荷です。

2014 年 7 月 29 日 火曜日

201407291

ここ最近、「安くても上質なもの」をお探しのお客様が多くいらっしゃるようです。当たり前と言えばその通りなのですが、ご来店前にしっかりとインターネットや雑誌等で予習をされていたり、ご来店下さった際に、ご検討の車種が既にある程度定まっていて、質問攻めにあったりいたしますが、お勧めする側としても、とても嬉しく、気持ちの良いものです。

そんなところにご紹介いたします、RITEWAYさまのこちら。シェファードアイアンF、というモデルです。通常でしたら700Cのホイールなのですが、この480mmだけが650Cと少し小さめになっております。クロモリフレームのきれいなシルエットを崩さずに、安心感さえ漂う雰囲気の自転車になりましたね。

201407292201407293

左)コンポーネントのほとんどの部品をシマノ製品で固めてあり、ガンガン使う方には安心です。中)ヘッドはオーバーサイズ。これまたしっかりとしたヘッドセットに、RITEWAYのロゴはリフレクターになっておりますよ!右)シフターはMicroshift、ブレーキレバーはTEKTRO。このレバーはクラシカルなルックスながら、カッチリとええ塩梅のタッチです。

入門車としてはちょっとだけ高価かな、、、と思える価格(税別¥79,800)ですが、この内容でしたら納得。155cmから170cmの方へ。

<RITEWAY>SHEPHERD IRON F:¥79,800【税別】

※おかげさまで、5周年記念バッジは完売いたしました!ありがとうございました!6周年バッジ製作中です!!
※現時点での在庫状況はこちら → こちら※7/29更新! 大阪 ブロンプトン
※当店オリジナル・Brompton専用フロントハブ完成! → こちら Brompton
※ご来店の際には営業日をご確認くださいませ → こちら DAHON

2013 GT・FELT・Charge Bikes・Riteway 展示会のご報告です。

2012 年 9 月 21 日 金曜日

一昨日の水曜日、そのコストパフォーマンスでお勧めしております、GT・FELT・Ritewayの2013年モデル展示会へ行ってまいりました。今回ははしゃいでしまっていましたので、ほとんど写真がございませんが、詳細な資料を頂戴しておりますので、店頭にてご覧いただければ幸いです。

今回の目玉、と言っても差し支えないでしょう、新規取り扱いのCharge Bikes社です。イギリスのちょっとマニアックな自転車メーカー様ですが、洗練されたデザインのロードバイク、MTB、クロスバイクなどがございます。もちろん当店でもお取り扱い開始いたしました。こちらもコストパフォーマンスの高さ、主としてクロモリの製品が多く、普段使いと趣味用とを兼用される方には良さそうです。入荷はちょっと先になりそうですが、楽しみなメーカー様ですね。

もちろん、GT、FELTの2013年モデルも圧倒的なボリュームでの展示でしたが、営業担当の方と雑談しながらの楽しい雰囲気はこの輸入代理店様ならでは。社員の方々の一生懸命さ、楽しんで仕事に取り組んでいる空気が、会場全体に満ちていましたよ。

とは言っても、元々はGTのMTBからこの世界に入ったワタクシ。上画像のDistortionというモデルに一目惚れです。「どこを走るんや」という突っ込みが聞こえてきそうですが、格好良いな・・・としばらくボケーっと眺めてしまっておりました(笑)。

※お問い合わせはこちらから → こちら