‘入荷情報-自転車’ カテゴリーのアーカイブ

9/6 【水】 各社展示会めぐり③インターテック・DAHON

2017 年 9 月 18 日 月曜日

既に一週間以上経過しておりますが、先般の展示会行脚の様子を。友人の店でカレーをいただいてご機嫌にペダルを回して福島まで。こちらではインターテックさまの新製品展示会。BlackburnやBellといった、どちらかというと先進的、流行の先端という印象の強いブランドを数多く取り扱っておられます。

ブラックバーンのライトは明るさも十分以上で、残り点灯可能時間の表示や細かな明るさ設定、スマホのような直感的な操作が面白い印象ですが、ちょっと大きくて高価かな。また、各種キャリアへの積載を考慮したストラップや工具類も面白いものが多いです。

スマホ用の防水ケースはなかなか良さそうですし、MAXXISのタイヤもスキンサイドが新鮮な印象。大きなホイールが主流となってきているMTBやグラベルロードなどにも威圧感が軽減できそう。

個人的に気になったのは迷彩柄のフロアポンプ。MTB向けに一回のポンピング流量が大きいタイプ。大きなゲージも見やすくて機能的です。何より格好良い。これはガレージに置きたくなります。その隣には同シリーズの廉価版も展示。派手になりすぎない、彩度の高くないカラーリングが好印象です。

なかなか気の利いたアクセサリー類が多かったです。カタログをいただいておりますので、気になる製品がおありでしたら店主までお気軽にお問い合わせくださいませ。

ということで阪神電車に乗って移動。8000系の標識灯がLED化されていますね。いよいよDAHONです。

さらりと普通、急行と乗り継いで魚崎、そこからは六甲ライナーです。いわゆる新交通システムですから、鉄路を走る車両ではなく、コンクリート上を走行するゴムタイヤ車両、その独特の乗り心地を満喫。ちょっとゴトゴトとした感じ。

ほどなくして会場へ到着。開放感あふれる会場内にDAHONのサンプル車両が展示されております。久しぶりに会った営業さんとしばし談笑。今期はちょっとした節目ということもあり、目に見える大きなモデルチェンジはないものの、少し慎重にならざるを得ないですよね、、、ということで意見は一致。

さて、自転車店の定休日事情に合わせて、この時期の水曜日に開催されることが多い新製品展示会。それを一日に何カ所もハシゴするわけですから、最新の同業他社さまの動向などをお伝えするのも大切だと思っておりますし、お互いに有益な情報であれば、業界をより良い方向へ進めていくためにも、販売店として持っている情報を、メーカーさまや輸入元さまへ提供できる範囲で提供したいと思っております。

そんな考えが通じているのかどうかは定かではございませんが、おかげさまでダホンのオーソライズドディーラーをさせていただいております。ありがたい限りです。製品仕様やプロモーションのことなど、積極的に当店なりの考え方をお伝えしてきたことが通じたのかな?(お役に立つことができているのかどうかは??ですが)。

ということで本題。2018年モデルの注目はCiaoの復活。以前も販売はなされておりましたが、内装変速でリアキャリアが標準装備だったため、重量がソコソコでしたね。そのため、低床フレームの良さを世に知らしめるほどの販売台数ではなく、ここ数年は生産されておりませんでしたが、外装変速を装備し復活!とても良い自転車ですので、個人的にとてもとても嬉しいです。フェンダーも標準装備ながら約12㎏、思っていたよりも軽量に仕上がっております。¥74,000【税別】。

そして、HORIZE。今期はオーソライズドディーラー限定モデルが発売されます。通常はVブレーキ仕様ですが、なんとディスクブレーキを標準装備し、専用のマットシルバー色。ワクワクする仕様ですよね。

通常モデルも落ち着いた印象のカラーリングが格好良いです。通常モデルは¥79,000【税別】、オーソライズドディーラー限定モデルは¥90,000【税別】です。

充実装備と落ち着いたカラーで、人気が出そうですね。

これまた個人的に大好きなCurve D7。Muフレームをそのまま縮小したアルミフレームにフェンダーと外装7段を装備しております。コンパクトでソコソコよく走って、とてもええ子なのですが、優等生すぎるのでしょうか?やはり落ち着いたカラーリングが素敵です。¥69,000【税別】

当店でもご好評のDove Plus。ゴールドはちょっと、、、という方に落ち着いたブラックが追加。明瞭なコンセプトがユーザーさまの指向に合ったよい例ですね。従来のDove UNOもラインナップにはございますが、より軽量、上質なダブプラスを当店ではお勧めしております。¥78,000【税別】。

そして、ハードユーザーさまへお勧めのクロモリフレーム、Speedfalco。こちらもカラー変更のみ、¥82,000【税別】。ロードバイク乗りの方のサブ、あるいはちょっと小柄な女性の方へおすすめのVisc EVO。意外なほどコンパクトなポジションです。やはり好評のマンゴーオレンジは定番。¥123,000【税別】。

これまた定番のボードウォークD7。カラフルな展開で心躍ります。細身のクロモリフレームは街乗りに最適。¥60,000【税別】。

そして当店として外せないのが、PRESTO SL。今期はチタンカラー。各溶接部が滑らかに仕上げられており、より上質な仕上がり。定番となりましたね。¥118,000【税別】。

そして、こちらもカラー変更のみのDASH P8。車体剛性の高さを生かし、もう少し太めのタイヤを履かせて、ちょっとしたオフロードも行きたくなるような、輪行ツーリング車に仕立ててあげるとよいのかも?などとい妄想が膨らんでおります。¥87,000【税別】。

先にも記しましたが、大きな変更がないということは、それだけ設計が完成されてきている、ということの表れでもあります。いたずらに商品性を上げるための小変更を繰り返すのではなく、過去の製品であったとしても、よりユーザーさまのニーズに合っていると判断されてしまえば、柔軟に復活させる、という姿勢が正直であり、心からお客さまのことを考えているのではないかと感じました。販売店として、メーカーさま、輸入元さまの意図をしっかりとお伝えしてまいります。

※9月の予定はこちら → こちら

※9/9時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

2018 BRUNO Mixte FB 入荷しております。

2017 年 9 月 15 日 金曜日

初心者の方に特にお勧めしております、BRUNOの小径車。小柄な女性に人気のMixte Flatが入荷してまいりました。今回も基本的にはカラー変更のみ、商品性を向上させるためだけの安易な変更を行わないところが非常に好印象。例年とは異なる、ちょっと落ち着いたカラーが逆に新鮮です。

10.2㎏の軽量車体とコンパクトなポジション。どちらかというと女性向けのサイズ感ですね。乗り降りが容易で、柔らかな乗り心地のフレームと、お洒落なカラーリング。ぶらりと近場のサイクリング、街乗りにお勧めいたします。

わずかですが2017年モデル(特価ですよ)も在庫ございます。→こちら

<BRUNO>Minivelo 20 Mixte:¥52,000【税別】

※9月の予定はこちら → こちら

※9/15時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

9/6 【水】 各社展示会めぐり②KOGA・COMMENCAL・シマノ

2017 年 9 月 11 日 月曜日

既に一週間が経とうとしておりますが、先週の展示会行脚です。翌9/6【水】は早朝から当店すぐ近くの天満橋OMMビル内にて、KOGA・COMMENCALでお世話になっております、ジオライドジャパンさま。

個人的に気になったものだけをパシパシと撮影しておりましたが、オールマウンテン用クロモリハードテイルフレームのMETA HT AM Cr-Mo。チェーンステイが直接トップチューブへ溶接されておりますので、適度なしなやかさをもたらしてくれるとのこと。2017年モデルから継続なのですが、新色のグリーンが素敵。若干ジオメトリーも変更されているようで、より高速性能を重視されているそうです。これを振り回すくらいのスキルが欲しいところですね(笑)。

おかげさまでご好評のコメンサルのキッズバイク各種。2018年モデルは継続販売なのですが、24インチは5000円の値上げ、20インチは同額、16インチは2000円の値上げ、14インチは同額。12インチは3000円の値下げ(!)。ここらあたりは為替や調達部品のご事情のようですが、、、ウチの息子たちも愛用中です。

そして、当店でもお取り扱いのロードバイクのKOGA。特に気になったのはアルミグラベルロードのCOLMARO Disc。実は2017年にもカタログへ掲載されておりましたが、各種ブレーキやハブ規格の林立から、実製品の開発が非常に遅れてしまい、結局は発売されませんでした。2018年モデルになって、前後スルーアクスル、フラットマウントのディスクブレーキ、プレスフィットBBに対応し発売されます。リアブレーキのラインはダウンチューブヘ内蔵(!)。そのために24mmシャフトのクランクのみ対応いたします。

独特なグラフィックとMOSSと名付けられたカラシ色?カーキ色?何とも言えない絶妙なグリーンが美しいです。フレームセットで¥169,800 【税別】です。

さて、すぐお向かいではシマノさまの展示会場が。e-bikeと呼ばれる電動アシスト自転車用コンポーネントのsteps。当面は完成車向けのみとのことですが、どこまでシェアを取ることができるか?意気込みは非常に伝わってまいります。また、各メーカーさまの参考出品車両も展示されておりました。格好良いですね。

その他には、モデルチェンジした各コンポーネントのサンプルが展示されておりました。より多様化、細分化していく自転車たちへ対応させていくことは並大抵の努力ではないと思います。非常に大変だと思いますが、もっとシンプルでも良いのかな?とも感じてしまったのも事実。この辺りはもう少しじっくりと自身の考えをまとめておく必要があるな、、、というのが率直な感想。

ほんの少しだけ取り残されたかのような、ごくわずかですが違和感を感じつつ、会場を後にいたしました。

愛車のペダルを回しながら、気分を切り替えよう!と思い直して友人のお店、SPICE CURRY 43へ。今月のおすすめ、麻婆茄子カレーをいただき、ご機嫌です(単純)。

長くなってきましたが、まだまだ続きます~。

※9月の予定はこちら → こちら

※9/9時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

9/5【火】・9/6 【水】 各社展示会めぐり①ARAYA・RALEIGH

2017 年 9 月 8 日 金曜日

今週の火曜日、水曜日と各社さまの2018年モデル展示会ラッシュ!いかに効率よく巡回するかがキモとなるのですが、今回はBromptonを輪行しての移動。例年よりも充実した展示会巡りでした。以前のような自転車ブームも落ち着いてきており、各社2018年モデルとは言えども、大幅な変更で意気込みを見せるところ、小変更にとどめて様子を見てきているところなど、ちょっと斜めから見ていると面白いところです。まずは先行して火曜日に行ってまいりました、新家工業さま。

RaleighとARAYA、昨年からお取り扱い開始のPOLYGON。いずれも意欲作ぞろい。小変更程度のモデルはカタログをご覧いただくこととして、当店らしくチェックしてまいりましたので、ぜひじっくりとご覧くださいませ。

まず会場入りしてすぐに目に入ったのが、27.5+規格のMFB。今となっては珍しくなった前後リジッドのクロモリ製MTBですが、ここ最近の主流となりつつあるBOOST規格へ対応(!)専用のフロントフォークを開発してきましたよ。前後ともスルーアクスル、フロントフォークにはキャリアダボ、フェンダーダボ、ボトルダボまで装備されており、あとはどうやってツーリングへ行きましょうかね。もちろん、将来的なサスペンションフォークへの換装も準備済み。ゆったりとオフロードサイクリングを楽しめそう。今期も人気が出そうな一台。¥106,000【税別】。

その下段に展示されていたのが、20インチ(ETRTO406)ホイールのMFM。MFBの弟分的存在として、2018年モデルでデビューいたします。BMX系ホイールを使えますので、これまた楽しい一台となりそうです。もちろん、クロモリフレーム+油圧ディスクブレーキ+サスペンションフォークへの換装も考慮済み。さすがに20インチですから、スルーアクスルは不要、という判断でしょうね。目を疑う価格・・・!¥68,000【税別】

シクロクロス&グラベルツーリングのCXGもエンドが交換式となり、スルーアクスル対応となりました。¥98,000【税別】

で、ここからはRaleighです。当店でも定番のRSMはブラック仕様が発売。フェンダーやクランク、ブレーキまで専用の部品を用意されたところなど、某B社の製品を意識されているのでしょうか。¥58,000【税別】。

フラットバーロードのRF7はフレーム設計を大幅に変更。軽量かつ高剛性に磨きをかけております。ドロップハンドル車のハンドルを変更しただけでなく、専用フレームを用意しているところが好印象。ドロップハンドルがご希望の方には別車種をお勧めいたします。シマノSORA仕様、¥118,000【税別】。

そして、開錠で最も注目を集めていたのが、シクロクロス&グラベルツーリングのCRC。ロードバイクのCRFと同じレイノルズ631パイプシリーズですが、このCRCには最もパイプ厚さが高くなる組み合わせにて使用。油圧ディスクブレーキ、前後スルーアクスル仕様ですが、前後キャリアダボ、ボトルケージ台座は3ヵ所。タイヤは700×50Cまで対応(!)。隙のない設計ですね。¥240,000【税別】。

ハイグレードなロードバイクとして復活のCRR。シマノアルテグラを装備。クロモリフレームのマスプロメーカー車としては驚異的な8.9㎏(!)リアブレーキワイヤーは内蔵されてすっきりと美しい一台。¥295,000【税別】。

当店おすすめのPOLYGON.今期からはグラベルツーリングのBEND RIVが追加。サイズが大きめですので体格の良い方向けですが、落ち着いたベージュカラーのアルミフレームに、SRAM APEXの1×11速。前後キャリアも標準装備。¥165,000【税別】。そして継続販売のENTIAT。スペックに変更なし、¥128,000【税別】。同スペックの2017年モデルが店頭在庫ございますよ、と宣伝。

総じてコストパフォーマンスに優れるモデルが多いですね。お勧めいたしますよ。

※9月の予定はこちら → こちら

※9/1時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

Brompton × Barbour M6L 発売です。

2017 年 9 月 1 日 金曜日

今週の水曜日は、2018年Brompton販売店会議ということで、新大阪駅からほど近い会場まで、愛車でプラプラと行ってまいりました。新製品のテストライドも兼ねて、港区の実家を経由してから、何とか無事に到着。会場には、雑誌等でお見かけしたことのある有名店の方々が!ちょっと緊張しつつ。

さっと着席、輸入元の担当さまから2018年モデルの概要説明を受け、Brompton社の考える今後の展開などを説明いただきました。販売するだけではなく、修理やメンテナンスはもちろん、輸入元と販売店が一体となって盛り上げていかなくては!!と引き締まる思いでした。

さて、そんな中、本日発売開始のBrompton × Barbour M6Lです。先日のご紹介以降、大きな反響を頂戴し、誠にありがたい限りです。個人的にも思い入れのあるブランドとのコラボレーションモデルゆえのお取り扱い開始なのですが、予想以上の反響に驚いている次第です。

独特なディープグリーン(艶あり)の車体には、金色のBromptonとBarbourロゴ。BrooksのB17Pサドルはアンティークブラウン色。レールの銅色が映えますね。定石ともいえる組み合わせですが、グッと高級感のある仕上がり。

そして、今回付属のTarrasというバッグ。こちらもバブアーならではのオイルドコットンキャンバスを用いた、新規製品です。容量はちょっと小さめ、実測値の公表がありませんでしたが、A4ファイルはすっぽりと入ります。画像では写っておりませんが、内部にはクッション材で仕切られたPCポケットがございますよ。

フラップを開けるとスナップボタンで開閉するポケット。フラップ内側はタータンチェックが美しいですね。ここへWネームであることを示すラベル。バッグ背面にはポケットなどございませんが、その分ショルダーベルトで肩掛けした際にはゴツゴツとせずに持ちやすい形状ですね。

やはり、現物を拝見すると欲しくなるところですが、、、まずはお客さまを優先いたします!

<Brompton × Barbour>M6L:¥232,000 【税別】
※Tarrasバッグが付属いたします。

<Brompton>Tarrasバッグ:¥32,000 【税別】

※9月の予定はこちら → こちら

※9/1時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

2018 BRUNO Minivelo 20 Flat 入荷しております。

2017 年 8 月 19 日 土曜日

初心者の方に特にお勧めしております、BRUNOの小径車。軽快な走行性能のMinivelo 20 Flatが入荷してまいりました。軽量なアルミフレームと操作性に優れたフラットハンドル。サンドカラーも落ち着いていて好印象ですね。以前の事例のように、ブロックタイヤへ換装してみるのも良さそうです。

軽量なアルミフレームゆえ、ディレーラーハンガーは別体式とされ、転倒などの際にフレームが破損してしまわないように配慮がなされております。ヘッドマークには「Swiss・Nippon」の文字が。合作であることが記されておりますよ。

そして気になるタイやとのクリアランス。以前は1.75インチまでは大丈夫でしたが、これ以上太くなると、ちょっと干渉してしまうかな?まあ、楽しみながらやっていきましょう。

すいすいと街を徘徊するのにお勧めですよ。

<BRUNO>Minivelo 20 Flat:¥52,000【税別】

※8月の予定はこちら → こちら

※8/5時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

2018 BRUNO Mixte FB 入荷しております。

2017 年 8 月 13 日 日曜日

初心者の方に特にお勧めしております、BRUNOの小径車。小柄な女性に人気のMixte Flatが入荷してまいりました。今回も基本的にはカラー変更のみ、商品性を向上させるためだけの安易な変更を行わないところが非常に好印象です。今回はブラックエディションが先行入荷です。

10.2㎏の軽量車体とコンパクトなポジション。どちらかというと女性向けのサイズ感ですね。乗り降りが容易で、柔らかな乗り心地のフレームと、お洒落なカラーリング。ぶらりと近場のサイクリング、街乗りにお勧めいたします。

<BRUNO>Mixte FB:¥52,000【税別】

※8月の予定はこちら → こちら

※8/5時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

Brompton × Barbour コラボレーションモデル 発売です。

2017 年 8 月 4 日 金曜日

この水・木の定休日には、人生初となる奄美大島へ行ってまいりました。友人と男二人の一泊二日でしたが、今後へつながる大きな収穫がございましたので、またご報告できるのを楽しみにしております。

さて、すでにご存じの方も多くいらっしゃることと思いますが、イギリスの代表的な2つのブランド、BROMPTON / BARBOUR(バブアー)のコラボレーション商品を9月1日(金)より発売いたします。個人的には非常に思い入れのある2大ブランドの製品、ということもあり、すでにソワソワとしております。

以下、輸入元のミズタニ自転車さまから頂戴した情報より引用です。

BROMPTON x BARBOURは厳選されたアウターウェアを着ながら、自由にバイクに乗るというシーンを想定した特別なバイクとアパレル(ジャケットとバッグ)のコレクションです。

■バイク(M6L)

モデル:BROMPTON M6L
価格:¥232,000(税別)

仕様:
・Mハンドル
・6段変速
・Deep green(Gloss)フレーム
・Brooks B17(Brown)サドル
・シルバーマッドガード
・コラボレーションデカール
・コラボレーションIDプレート
・Tarras(Bag)付属

■ジャケットClassic Wax Jackets:Melton)

Merton (Mens)
価格:¥64,000(税別)
サイズ:S、M
カラー:Navy(当店未入荷)、Sage

仕様:
・軽量、ドライワックスドコットン
・タータンメッシュのライニング
・2wayジップ
・リフレクター
・BROMPTON × BARBOURのダブルネーム入り

■Bags(Tarras)

Tarras

価格:¥32,000(税別)

仕様:
・ワックスドコットンキャンバス
・BROMPTONのフレーム付き
・調整可能ストラップ
・タータンライニング
・2つのフロントポーチポケット
・携帯電話入れポケットあり
・ブラスのパーツを使用
・BROMPTON x BARBOURのダブルネーム

※ジャケット及びバッグについては、他の製品も同時発売されますが、当店への入荷予定がございませんので、ここでは記載いたしておりません。何卒ご了承くださいませ。

2016 NINER ROS9 ご紹介です。

2017 年 7 月 24 日 月曜日

先日の平日MTBの会。結局は私一人でしたが、ひと月ぶりのトレイルを満喫いたしました。ということで私的MTBと同一フレーム、NINERのROS9をご紹介。購入する際にこっちのカラーリングと迷ったんですよね。マットな質感が格好良いです。

左】ヘッドは44mmプレスイン。テーパーフォーク対応です。中】シートピラーはΦ31.6mm。ドロッパーポスト用ワイヤー内蔵可能です。右】シートチューブには熊のデカール。ちょっとした遊び心ですね。

左】先のドロッパーポスト用のワイヤーはここから。専用台座にてフロントディレーラーも追加可能。ダイレクトマウント・ハイマウント・トッププルです。BBは専用のエキセントリック式シェルパーツを組み込んでから。ISCGタブも装備。BB後部のヨーク部分が格好良いのです。右】リアブレーキはシンプルな台座ながら、シートステーとチェーンステーを橋渡しする格好にて組みつけられます。142×12mmスルーアクスルエンドの肉抜きも素敵な形状ですね。

凝った造作が所有欲を満たしてくれますし、ちょっとクイックなハンドリング。29インチホイールとは思えないほどによく曲がってくれるフレームです。楽しい一台を作りませんか?

<NINER>ROS9 :¥148,000【税別】

※7月の予定はこちら → こちら

※7/15時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub

BRUNO 2018年モデル 展示会へ行ってまいりました。

2017 年 7 月 23 日 日曜日

今週の水曜日は平日MTBの会。木曜日は京都まで、BRUNOの2018年モデル展示会へ行ってまいりました。今回は私用のため、14時ころまでに帰阪する必要がありましたので、Bromptonを連れていくことに。縁あって友人も同行することになりましたので、朝6時に集合、京阪電鉄の天満橋駅から輪行、出町柳駅までワープです。

朝の早い時間帯ということもあって、特急電車の車内はそれほど混雑していない印象。その点ではコンパクトなBromptonの本領発揮というところでしょうか。

展示会会場まではそれほど離れているわけではございませんが、暑くなる前の朝ポタリングを楽しみます。ぼちぼちぶらぶらと移動しながら、古い建物を見つけたり、お豆腐屋さんの準備風景を眺めたり。

とか何とかやっているうちに、雰囲気の良い喫茶店「花の木」を発見して、ちょっと涼みに。アイスコーヒーとモーニングセットをいただきながら、お店の方としばし談笑。伺うと、昭和41年からずっとやっておられるとのこと。とても手入れの行き届いた清潔な店内、心地よい空間とおいしいコーヒーを堪能、ありがとうございました!

お店を後にして、再びBromptonで東へ進みます。ほどなく鴨川へ出てきましたので、ちょっと遠回りして河川敷へ降り、上賀茂神社近くの会場まで一気に移動、サクッと到着いたしました。

輸入元のダイアテックさまへ到着。古いビルを丸ごとリノベーションした社屋は、これまた素敵な空間!何度か来ていますが、いつ来ても格好良いな、、、と感じます。営業担当の方から2018年モデルの概要をスライド等でご説明いただき、いよいよご対面です。

当店でも人気のミキストF。基本的なところには変更はなく、カラーリングのみ変わります。シルバーパーツの通常モデルは、レッド、ディープグリーン、ライトグレー、ブラウン。ブラックパーツのブラックエディションはグロスブラック、グレイ、スカイブルー、ライムグリーンです。入荷時期によりカラーリングが変わるのも同様。¥52,000【税別】です。

今期はちょっと落ち着いた色調。定番モデルですが、色次第でかなり印象が変化するのが楽しいですね。

唯一のアルミフレーム使用のミニベロ20フラット。今回はブラックエディションのみですが、ベージュの車体色はシックにまとまっていて好印象。当店にも入荷予定がございます。¥52,000【税別】。

そしてフラッグシップのベンチュラ。展示サンプルの車両は納期の関係で、ブラックパーツが塗装仕上げでしたが、製品はアルマイト仕上げになるとのこと。もう少し艶が引いた感じでしょうね。こちらはグロスブラックとグレイがございます。当店にはグレイが入荷予定。¥115,000【税別】。軽くしなやかな車体ですいすいと走りますよ。

お値段が据え置き、ということや、担当の方からは色々とユーザー目線でのプロモーションを続けておられますし、企業努力が見え隠れしている印象です。販売する立場からしても、好印象で会場を後にいたしました。

で、再びBromptonで移動です。上賀茂神社のわきを東へ進みます。京都へ訪れた際には、ほぼ必ずこちらへ立ち寄る居酒屋があるのですが、こちらのランチが安くておいしいのです。お腹が満たされた後は、すぐ近くの本屋さん。こちらも私個人の京都定番コース(笑)。ちょっとした雑貨と家族へのお土産を買いました。

そのまま叡山電鉄で輪行しても良かったのですが、そのまま川沿いを南下。出町柳駅まで自走、京阪電鉄にて帰阪したのでした~。

※7月の予定はこちら → こちら

※7/15時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents hub