2017 DAHON Spoeedfalco 入荷いたしました。

昨日の入荷です。DAHONの各車種の中でも、定番中の定番。クロモリフレームの中堅クラス、Speedfalcoです。改良を重ねながら、じわりじわりとその存在感が定着してきておりますが、他のモデルと同様、フロントディレーラー周辺の改良がなされ、より良い自転車へ進化を遂げておりますね。

左】ブレーキレバーはAVID製。定番ながらカッチリとしたタッチ、耐久性の高い製品。中】今回入荷の新色、アメジスト。光沢の強い紫色ですが、品の良い高級感のある印象。フロントフォークは同様に光沢のある黒色でまとめてあります。右】従来は滑車を使ったワイヤー取り回しでしたが、今回よりシートチューブ下部にアウター受けが装備され、ワイヤー角度も昨今のフロントディレーラーに対応するものとなりました。防水・防塵に対処が必要ですが、嬉しい改良ですね。

さて、ここ最近は輸入元さまへ入荷、各販売店が予約注文をしていた新モデルが入荷してくる時期。合間の時間にネット徘徊をしていると、これこれが入荷~という記事がよく目につきます。当店もその例にもれず、残り少なくなってきた2016年モデルのご紹介と、新たに入荷してきた2017年モデルのご紹介、という内容が多くなっております。

それはもちろん大切な情報ですが、
もっと、当店からお客さまに伝えたいことを記しておきますね。長くなりますが。

昨日ご来店くださったお客さまとの雑談の中で、「自転車のことは詳しくないので、、、」とおっしゃっていたのですが、「むしろ、詳しくなる必要はございませんよ」とお伝えいたしました。決して安くはない買い物ですし、メンテナンスのことも考慮すると、ただ単純に欲しい!と思った自転車を買うことが、必ずしも最善とは限りません。ネット上の情報は必ずしも正しいとは限りませんし、自転車の機能を優先されるのか、それとも、ルックスを優先されるのか。あるいは、ご自宅やお勤め先の近くなど、立ち寄りやすいお店で購入する、という選択肢もありえると思います。

もちろん、それが当店であれば、非常にありがたく、嬉しいことなのですが、○○の自転車をください!とお越しくださった方とじっくりお話をしてみますと、実は●●の自転車のほうがご用途にぴったりだった!とか、●●の自転車のほうがご用途にはぴったりでしたが、やっぱり○○の自転車のほうが格好良いのでこっちにします!とか、お値段の点で△△の自転車にします、とか。もちろん、当店でお取り扱いがないものに関しては、尽力することもありますが、他店さまをご紹介することが、最終的にお客さまのニーズにお応えできる場合もあります。

何度も記しますが、決して安くはありませんので、ご納得の上で購入していただきたい。何なりと、お気軽にご相談下さいませ。お待ちしております。

※12月の予定はこちら → こちらブルーノ 限定

※12/23時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ
※当店オリジナル Brompton用・DAHON用フロントハブ → こちら京都 小径 おりたたみ滋賀

タグ: ,

コメントをどうぞ