‘店主のつぶやき’ タグのついている投稿

開店前の朝ポタリング。

2017 年 4 月 15 日 土曜日

昨日のことですが、木曜日の平日MTB会(一人でしたが)の際に買ってきたお野菜たちがあったので、友人のお店と両親のところまで、配達に行ってまいりました。

朝8時過ぎに自宅を出て、ぶらぶらとBromptonを走らせます。本町通りの自転車レーンは比較的快適に走行できますが、時折見かける逆走自転車にはドキッとさせられます。

とか何とかやっているうちに、JR野田駅近くの「一品料理 かっぱ」へ到着。まだ仕入れの途中でしょうか?彼はいませんでしたので、お店の前に置いておく旨の連絡を入れて、そのまま中央卸売市場へ。こちらもBromptonご愛用の常連さまのお店「伏岡商店」さまがありますので、ちょこっと顔を出してしばし雑談。

すると、先の「かっぱ」の彼がふらりと登場!先ほどの野菜を置いてきたことを伝えてまたしばし雑談ののち、まだぶらぶらと港区まで移動。実家へお野菜を置いてから、お気に入りの喫茶店でモーニング。そのままお店まで出勤いたしました~。走行は20㎞弱といったところ。ええ運動になりましたよ。

※4月の予定はこちら → こちら

※「Brompton Bag プレゼント」キャンペーン中 → こちら

※4/15時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/29【水】~3/30【木】 男3人鉄道旅行でした(その②)

2017 年 4 月 1 日 土曜日

続きです。翌日は早起きして、朝食のバイキングでたらふくいただいてから出発。JR岡山駅から瀬戸大橋線で児島駅まで移動です。快速のマリンライナーは30分間隔で乗りやすいですね。児島駅からはバスで移動なのですが、循環ルートゆえに、往路はよいのですが、下津井駅からの復路が非常に遠回り。バスの車内で地図を見ながら思案ののち、数駅分程度を歩いて、最寄りのバス停から児島駅へ戻ればいいか、と判断いたしました。

他の路線ですが、前部に自転車ラックを装備しているバスが!これは要チェックですね。その側面には「風の道」のラッピング。じわじわと盛り上がってきますね~。

20分ほどでしょうか、バスに揺られて到着した下津井港のバス停、そこからすぐ近くにあるのが旧下津井駅跡です。当時の車両が保存されておりますよ。

中学生の時(26年前です)に、廃止のニュースをテレビで見て、とても残念がっていた私を見て、父が「行くぞ!!」と言って、新幹線と在来線を乗り継いで、乗りに連れてきてくれました。すでに当時の駅舎は無くなり、レールもほとんどが撤去されておりますが、今改めて見ても、とても小さな車両たち。古くなり、錆びついてはいますが、自分の子どもたちと一緒に見ることができて、とても嬉しかったのです。

さてさて、写真撮影もそこそこに、廃線跡を歩きます。お子たちも架線柱の跡やレールの跡など、宝探しのように楽しみながらズンズンと歩いていきます。ナローゲージならではの、古レールを流用した架線柱や鉄塔がそのまま残っていたり、そのレールも30㎏レール(!)であったりと、もはや自転車店のブログではない内容ですが(笑)、なんだかんだと楽しみながら、トコトコと歩きました。

先にも書きましたが、当初は3駅分程度だけで児島駅までバスで戻るつもりでしたが、「最後まで歩きたい!!」という本人たちの希望もあり、結局、廃止直前の下津井電鉄全路線、下津井駅~児島駅までの約6.7㎞を完歩(!)。

お腹もすいてきました。なかなかの運動量で汗もかいたことですし、再びJR児島駅まで戻り、マリンライナーでいよいよ高松まで。完歩のご褒美、というわけではございませんが、先頭車のパノラマグリーン席を確保して乗車です。

あっという間に高松駅へ到着。そのまますぐの高松琴平電鉄の高松築港駅まで歩いて乗車。最大の目的である、高松琴平電鉄のデカ1型を見に行くのです。通常は仏生山駅隣の車庫にいるようですので、そこまでの乗車券を買って乗り込みます。元京王5000系に揺られて15分くらいでしょうか?いよいよ到着、ご対面です!

当然のことですが、敷地内には入らずにそっと外から眺めるだけですが、やはり独特の車体形状がグッときます。残念ながら、実際に動いているところを見ることはできませんでしたが、ひとしきり写真をとり、男3人はご満悦です(笑)。

目的を達成すると、お腹が空いてきましたので、近くのうどん屋さんへ。しかし、すでにお昼を大幅に過ぎてしまっておりましたので、残念ながら営業終了しておりました。

ここでムムムと再び試案、すぐ近くの仏生山温泉まで足を延ばします。汗もかいたことですし、おいしいおうどんをいただいてから、お風呂でゆっくりと休むことにいたしました。とても洗練されている建物と、よく考えられた配置の浴槽と洗い場。併設されている宿泊施設も気にはなりますが、またの機会にいたしましょう。

すっかりリフレッシュした一行は、再び仏生山駅から乗車、高松駅からマリンライナーで岡山駅まで。そこからは新幹線で新大阪まで戻ります。調達した駅弁を夕食として車内でいただいて、無事に帰宅いたしました。

男3人で楽しんだ鉄道旅行。天候にも恵まれて非常に楽しいものでした。今回訪れた、下津井電鉄跡のサイクリングロードは、完歩した区間だけではなく、昭和47年に廃止された、茶屋町~児島間も整備がなされております。パンフレットをいただいてきておりますので、店内にて閲覧ができるようにしておきます。自転車にぴったりの季節になってきましたし、サイクリングの参考になりましたら幸いです。

※3/27時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/29【水】~3/30【木】 男3人鉄道旅行でした(その①)

2017 年 3 月 31 日 金曜日

一昨日と昨日のことですが、今月頭の東京遠征で余剰となった、青春18きっぷの消費(笑)を目的として、お子たちと一緒に鉄道旅行を満喫してまいりました。とは言え、鉄道好きを自負している自転車店主としては、岡山県にありました、旧下津井電鉄の廃線跡を流用したサイクリングロード「風の道」の散策を盛り込んでみました。中学生の時に、父と二人で廃止直前に訪問した路線、楽しんでまいりましたよ。

いつものごとく、長々と記してしまいますが、サイクリングや散策のご参考になりましたら幸いです。

さて、当日はいつもより早起きして最寄り駅よりサクサクっと移動。大阪駅より新快速で一路西へ。姫路~網干~岡山~倉敷と乗り継いで昼過ぎに到着。訪れてみたかった、林源十郎商店さまにて昼食。

多数のショップの複合施設なのですが、博物館やカフェ、レストランやデニムスーツのお店など、丁寧に作られた店内は解放感もありつつ、じっくりとお買い物ができそう。デニムなどの生地を購入して後にしました。これでいろいろと妄想することにいたします。

そのまま、美観地区を散策。桃太郎のからくり博物館倉敷アイビースクエアをじっくりと拝見して、お土産の地酒を購入。川沿いでラムネをいただき、ちょっと休憩ののち、夕方のラッシュが始まる前に、早めに岡山市内へ戻りました。

 

帰宅ラッシュをうまく避けて岡山駅まで戻り、岡山電気軌道にて移動します。岡山駅前からすぐにある電停に滑り込んできたのは、これまた気になっていた低床路面電車。車両の段差が少なく、非常にスムーズに乗り降りができます。あらかじめ書籍で予習済みでしたので、そのうまく考えられたメカニズムに感心しながらの移動を楽しみました。

で、この日の夕食は、学生の時からとてもお気に入りのお店、G.G.C(グレート・ジャーマン・クック)。ドイツビールとお料理を楽しめる老舗です。ずーっと気になりつつ、12年ぶりくらいでしょうか?の再訪が叶いました。ちょっと無理やり感がございますが(笑)。

こちらはドイツビールと各種ソーセージはもちろんですが、自家製パンが最高!一人で4個もいただいてしまいました。お子たちも大満足!この日はとても優しくしてくださっている、お店のお母さんがお休みでしたので、そこはちょっと残念でしたが、食事としては大、大満足ののち、再び岡山電気軌道に乗車、宿泊先まで戻りました。

続きますよ~。

※3月の予定はこちら → こちら

※3/27時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/25【土】 夜ポタリングの会 無事に終了いたしました。

2017 年 3 月 26 日 日曜日

昨日の閉店後、恒例の夜ポタリングの会を開催いたしました。以前にも訪れましたが、毛馬閘門のすぐ隣、毛馬第一閘門にかかる眼鏡橋まで、川沿いの道をすいすいと走ってまいりました。建設当時の意匠をそのままに復元されたものですが、やはり本物の持つ存在感!もう少し先になりますが、桜の時期にゆっくりと訪ねてみても良いかも。

そのあとは、現地解散の予定でしたが、お腹がすいたので天神橋筋商店街近くのお店で食事をいただき、太閤下水をちらっと見てから帰りました~。今回は私を含めて男性のみの4名のご参加。自転車にも乗りなれておられる方ばかりでしたので、比較的スムーズに移動ができました。

途中、お客さまのBromptonがパンク!というトラブルはございましたが、各自連携してサクサクっと現場で修理。やはり工具と修理キットは必須ですね。さて、次月はどうしましょうか。また面白そうなところを捜索しておきます。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

RUISM セルロイドメガネ 帰宅いたしました。

2017 年 3 月 21 日 火曜日

今朝のこと。

先日の東京遠征の際に、メンテナンスへ出していた、RUISMさま眼鏡が作業を終えて帰ってきました。かなり肉厚のセルロイド製ですが、日々の酷使で丁番が緩くなってきたり、テンプル部分が開いてきて、ずれやすくなっておりましたが、修理・調整を終えたこれらの眼鏡。かけてみるとぴったりとフィット。これでストレスなく作業に専念できます。

自転車はもちろんですが、お気に入りは長く使い続けたいもの。用途に合わせたり、デザインが気に入ったり、歴史を感じてみたりと、ご自身の感性を大切に選ぶことはもちろんですが、縁あって手元に来てくれた相棒です。使い続けるためのアフターサービスも非常に大切ですよね。

当店も見習いたいと思います。

Brompton S2E 製作いたしました。

2017 年 3 月 14 日 火曜日

長々と5回にわたってアップさせていただきました、今月初めの東京遠征。辰巳出版さまの取材と今回の遠征のために組み上げた私物ではございますが、ご来店のお客さまからは、ご好評をいただいております。ちょっと照れくさいですが、さらりとご紹介です。

ほとんどの部品はお客さまから縁あって譲り受けたもの。カスタマイズで余剰となった部品、乗らなくなった自転車から外したものなどなど。そこへ手持ちの私物部品もちょこっと追加。軽量性を生かした輪行旅行のお供として、操る楽しさと持ち運びやすい軽さ。純正であるべきところは純正のままとして、ロングライフな製品であるBromptonの持ち味を引き出したつもりです。ちょっととんがった自転車になりましたが、そのほうが使い分けができますよね。

※3月の予定はこちら → こちら

※3/10時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/1【水】~3/2【木】 東京遠征でした(その⑤)

2017 年 3 月 11 日 土曜日

長々続いていた東京遠征のご報告、いよいよ最終更新です。

初めてのネットカフェでしたが、お酒も入ったせいでしょうか、軽くシャワーを浴びたらストンと眠ってしまいました(笑)。翌日は7時半くらいに出発。あえてiphoneには頼らず、ぶらぶらとBromptonを走らせます。どこからJRに乗ろうかと思案しながら、赴くままによさげな道をはしり、品川駅へ到着。ここから青春18きっぷで大阪へ戻ります。

快速と普通を乗り継いで、到着したのは鎌倉駅。幼少のころからあこがれていた江ノ島電鉄!はやる心を落ち着かせつつ、一日乗車券を購入。ほどなくしてホームへ入線してきた電車へ、Bromptonとともに乗り込みます。

沿線の風景を眺めつつ、終点の藤沢駅へ到着。ここで展示会資料でいっぱいになっているSバッグをコインロッカーへ入れて、身軽になったBromptonと私。再び電車に乗り込んで、腰越駅まで向かいました。

 

下車してすぐに現役最古参の300型が!ササッと撮影。連接車ならではのジョイント音に感心しつつ、一旦江ノ島方面までBromptonで戻って、江ノ電もなかで有名な扇屋さまへ。自転車を停めて行き交う列車を眺めていると、お店のお母さんから声をかけてくださいました。大阪で自転車店をやっていること、鉄道好きでずっと江ノ電に乗ってみたかったことをお話しして、無事にもなかを購入。かわいらしいパッケージは電車の形。あ、お母さんからは「関西の言葉はやさしく聞こえて好きなんだよ~」と言っていただいてご機嫌になっちゃいました。

さて、お店の前の線路は大きくS字を描いていて、最も急な部分は半径40m(!!)とのこと。連接車ですら妻面が触れてしまいそうなくらいに接近しますし、2両編成を2本連結しているのですが、連結面間のずれが非常に大きい!、、、と自転車店のブログらしからぬ文言が並んでいます(笑)。

とか何とか言いつつお店を後にして、今回のもう一つの目的地、Pacific DRIVE-INさままで、海岸沿いの道をすいすいと走り、無事に到着。ちょっと雲行きがよろしくないのが気になりつつ、お店のお姉さんへ声をかけて店頭に駐輪させていただきました。

友人から教えてもらったこのカフェ、とても雰囲気の良い内外装と心地よいソファー、おいしい食事を堪能いたしましたよ。先ほどのお姉さんの接客も柔らかい口調。またゆっくり来たいな~。

さて、教えてくれた友人へのお土産を購入して、食後のコーヒーを満喫しておりましたら、iphoneから雨雲接近のアラーム!そそくさとお会計を済ませて、お店の前でこの写真を撮っていたら、ポツポツと降ってきました。

すぐに走ってきた道を戻って、最寄りの七里ガ浜駅から輪行して戻ります。時間的にも厳しくなってきましたが、ここは譲れん!と300型が来るまで待って乗車。車内はさすがに古い雰囲気。バス窓と木製の床の雰囲気を楽しみながら、藤沢駅まで戻りました。

さてさて、コインロッカーから荷物を取り出して、再びJRにて普通列車を乗り継いでいきます。しかしながら、どうやら当日の朝発生した事故の影響で東海道本線の一部区間が不通となっている様子。名鉄での振り替え輸送もなされているようですが、夕方のラッシュと重なり、大混雑の様子。

思案ののち、不通となっている岡崎駅から刈谷駅までの区間はBromptonで自走することに。幸い、天候も持ち直していますし、大混雑の中輪行するのもよろしくない。なにより、このブログの良いネタになるわ、と決断。約17kmほど、1時間程度のサイクリングを楽しみました。

無事に刈谷駅へ到着。ササっと折りたたんで輪行します。ホームには臨時の大垣行き普通列車。大垣からは新快速で大阪駅まで。そこからは大阪環状線で森ノ宮駅まで戻ってまいりました。到着は0:30過ぎ。青春18きっぷでの旅を満喫した東京遠征でした。

仕事にかこつけて、自身の趣味と実益とを兼ねた遠征。お客さまに楽しんでいただくためには、まず自分自身で楽しんでみよう!というところから計画をいたしましたが、列車での輪行のマナー、天候への対処方法や荷物積載のコツ、iphoneの電池残量等々、みなさまにもお役に立つノウハウをちょこっとだけ蓄積できたような気がいたします。ご来店の際には、お気軽にお尋ねくださいませ。もちろん、皆さまからの、「こんな風にしたら良かったよ~」というお話もお聞かせくださいませ!!

※3月の予定はこちら → こちら

※3/10時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/1【水】~3/2【木】 東京遠征でした(その④)

2017 年 3 月 10 日 金曜日

まだまだ続きますよ。

さてさて、すでに一週間以上が経過してしまいましたが、私自身がとても楽しんだ今回の遠征、どうかお付き合いくださいませ。大げさな表現かもしれませんが、世界が大きく開けたかのような充実度でした。

実は、今回の遠征に合わせて、関西から東京へお引越しされたお客さま数名にもお声がけしており、「タイミングが合えば夕食でもご一緒しません??」と連絡を取っておりました。この会場を出たのが15時過ぎだったかと思いますが、浅草から、青山のRACIO&Cまで行き、そこで待ち合わせの予定。ブリヂストンさまのコンセプトショップということもあり、この機会に行きたい!と思っておりました。

しかしながら、私一人そのままBromptonで自走しても、待ち合わせの時間には間に合わなさそう、、、ということで浅草から銀座線で輪行しましょう。神谷バーの誘惑にも負けず(笑)、そそくさと折りたたんで輪行袋へしまっていると、人力車の車夫さんから、「超クールっすね!」とお声がけいただきました!ありがとうございました~。

さてさて、銀座線の車両はレトロな雰囲気ながらも最新の車両。インバータ音も軽快に走ります。さすがに日本初の地下鉄だからでしょうか?トンネル断面形状は最小限で、柱間も狭い印象、と鉄道好き目線。駅間も短いですね。

とか何とか言っているうちに、最寄り駅へ到着。さくっとBromptonを展開して、iphoneでルートを調べます。途中、愛読書に載っていたお花屋さんを発見して、一人で「おおっ!」とつぶやいてしまったりしながら、無事にレシオアンドシーへ到着、、、、、定休日でした。自転車業界は水曜定休が多かったのですが、まさかの調査不足!無念。

気を取り直して!怪しさ満点なのを覚悟の上で、じっくりと店内を拝見いたしましたが、入り口すぐがスロープ状になっていて、溝部分に自転車タイヤを入れ込んで店内に駐輪可能、というスタイル。これは格好良い。ゆったりとした上質な空間とセレクトされた商品群。これは改めて伺いたいところ。

そして、お客さまとも無事に合流。夕食のお店を予約してくださっていたので、私はBrompton、お客さまは銀座線で渋谷まで移動いたします。

青山から渋谷はほど近く、自転車で10分くらいでしたでしょうか?大阪以上に高低差のある東京都内ですが、下り基調でしたので快調にペダルが回ります。今回くみ上げたS2Lではギア比が足りず、ラチェット音も軽快に快走、無事にCatorceさまへ到着いたしました。

Bromptonは折りたたんで輪行袋へ入れて、地下にあるお店へ入れていただきました。天候が心配でしたので、非常に有難かったです。ほどなくして別のお客さまも合流、3人でスペイン料理を堪能いたしましたよ。

楽しい時間は本当に過ぎるのが早いものです。一人のお客さまがご帰宅されるとのことで、一旦カトルセさまを出ます。心配していた通りに、小雨がぱらついてきましたので、輪行袋へ入れたまま、Bromptonを担いで歩きます。男二人でもう一杯!とのリクエストでほど近いビアバーBELGOさまへ。こちらもヨーロッパにある古いバーのようで非常に格好良い内装。あまり見かけないビールとそれに合うお料理の数々。

久しぶりに会うお客さまと、たくさん、色々なお話をしました。お客さまであることには変わりないのですが、古くからの友人のような。とても楽しく、有意義な時間でした。

雨もひどくなってきましたので、お客さまはタクシーにてご帰宅。銭湯に行きたいところでしたが、雨天ですのでここからの移動は困難と判断して、私は先ほどのカトルセさまのお隣に発見した、ネットカフェにて仮眠することにいたしました。

まだ続きますよ。

※3月の予定はこちら → こちら

※3/10時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/1【水】~3/2【木】 東京遠征でした(その③)

2017 年 3 月 7 日 火曜日

続きです。浅草橋のライトウェイさまの会場を後にして、すぐのお店の前を通りかかると、なかなか可愛らしい食器が並んだお店を発見。ふらりと立ち寄ってみますと、これまたええ塩梅のお皿がたくさん。しかもお安い。

そういえば、妻が小皿が欲しいようなことを言っていたな、、、ささっと何点か選んで購入。お店のお母さんにお願いして、大阪の自宅まで送っていただくことにして、身軽なままの移動。そのまましばらく走って、RUISMさまの事務所まで。いつも愛用しているメガネを作ってくださっている方です。今回の上京に際して、メンテナンスをお願いしたかったのです。

穏やかな物腰と柔らかな話口調。見習わなくては!と感じつつ、記念写真をパチリ。ちょうどお昼時でしたので、すぐ近くの担々麺のお店を教えてくださいました。で、直行です。

辛いものはそれほど得意ではないのですが、こちらの担々麺は結構私好みでした。山椒の辛さが心地よいしびれ、甘さと辛さとの入り混じった複雑なお味・・・。おいしくいただきました!

担々麺で温まった体が冷え切らないうちに、次の会場まで移動です。浅草駅近くでの「サイクルパーツ合同展示会」と銘打っての展示会です。列車内にて最新の流行や気になる製品に目星をつけておりましたので、サクッとBromptonを折りたたんで会場入りいたしました。気になる製品をチェックしてまいりましたが、あまりにも多いので簡単に列記いたします。詳細は店主までお尋ねくださいませ。

上中】国産のチタンツール。その質感と精度は非常に高いのですが、マニア向けの製品かな。上左】クワハラバイクワークスのMTBフレーム。クロモリ製で27.5プラス、シングル/ギアード/ベルトドライブまで対応と欲張りな製品。

上中】以前乗っていたIBIS。古ラスペンションのカーボンバイクです。上右】バイクパッキングに適したテント。気になりますが、パッキングしたときのサイズはちょっと大きいかも。

上左】ノースウェーブのMTB用シューズ。ネオプレーン素材で足首までしっかりとサポートしてくれます。迷彩柄が格好よい!上中】ブラックバーンのツールセット。ビット交換式で専用のホルダーへ奇麗に収まりますね。右上】同じくブラックバーンのボトルケージ台座へ取り付けるラック。ちょっとした荷物積載に良さそうです。

左上】これまたブラックバーンのステンレス製ボトルケージ。上中】27.5インチのWTB社製リム。注目のワイドリムはスポークテンションの均一化でしょう、スポーク穴がオフセットしておりますが前後共通ですので、折角のロゴが逆転しちゃいますよ・・・気にしない気にしない、ということでしょうね。

上左】定番、SUNXCDのクランクセット。上中/上右/下左】イタリアのLITEPRO製品。Vブレーキと専用レバー、完組ホイールなど、超軽量製品は非常にマニアックです。加工精度は非常に高いです。価格もです。

上中/上右】ローライダーでしょうか?格好良い形状のハンドルバーとフレーム。かなり低い位置に走るダウンチューブ!地面スレスレですよ。

上中/上右】定番ともいえますね、ナローワイドのシングル用ェーンリングやバイクパッキングに適した各種バッグ類。実車での展示があると、使い方が想像しやすく、非常に参考になりました。久しぶりにお会いする方やいつもの取引先さま、とても活気のある会場の様子が伝わりましたでしょうか?盛りだくさん過ぎて、画像もゴチャッとしておりますが、非常に良い刺激を受けてまいりました。

まだ続きますよ。

※3月の予定はこちら → こちら

※2/28時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀

3/1【水】~3/2【木】 東京遠征でした(その②)

2017 年 3 月 5 日 日曜日

東京遠征の続きです。Sハンドルならではのダイレクト感を楽しみつつ、無事にライトウェイさまの展示会、浅草橋の会場へ到着。ササッと折りたたんで、場内にて預かっていただきました。じっくりと各ブランドさまの展示を見て回ります。

右上】従来よりお取り扱いのBURLEY社のTRAVOY。今年4月ごろよりライトウェイさまにてお取り扱い開始の予定です。部品供給もより安定、当店でも展示を考えておりますよ。(以前の記事はこちら

左上】同じくBURLEYのチャイルドトレーラー。ヒッチ部分もよく考えられた形状です。車道通行が必須ですので、大阪市内ではちょっと使いづらいかもしれませんが。中上】当店でもお勧めしております、SR SUNTOURのサスペンションフォークたち。テーパーコラム、27.5インチ、15mmスルーアクスルがド定番となりつつある中、一部製品には26インチのストレートコラム仕様などなど、柔軟に対応できるラインナップ。右上】PEDROSのオレンジピールというパーツクリーナー。名前どおりの天然成分で安心、水溶性なので水と混ぜて分解させれば自然に還ります。

左上】同じくペドロス製の各種ケミカル。担当の方が非常に細かく説明してくださり、洗浄力の違いによる使い分けを教えてくださいましたよ。中上・右上】ALEXRIMSの新製品、20インチディスクブレーキ用ホイールと、MTB用ワイドリムホイールセット。こちらはBOOST規格のみ対応、まだ対応フレームは少ないものの、今後増えてきそうな予感。

左上】個人的にも所有しております、GARMINのEdge25J。電池持続時間が最大8時間ということで、出番が少なかったのですが、担当の方よりちょっとしたコツを教えていただきましたので、今後はバリバリと使いますよ。

中上・右上・左下】気になっていた、Varia Vision。スポーツサングラスのテンプル部分に専用マウントで取り付ける、インフォメーションディスプレイ。対応するガーミン社のEdgeシリーズへ対応しております。未来を感じさせてくれますね。

中上】独特な形状のUN SADDLE(アンサドル)。ペダリングに合わせて左右に振れる構造、痛みの問題を解決したばかりでなく、左右にローリングする動きによって、骨盤・膝・足の軌道が最適化され、それによりペダルへの入力が増強され、腰や膝の疲労もより軽減されるとのこと。試乗してみましたが、きれいなペダリングを要求されるので、正しく乗ることができそう。ただデザイン的な部分と価格とで躊躇しちゃいそうです。

右上】JUCOLAの各種サプリメント。正直なところ、当店ではあまり縁のない製品ではありますが、担当の方の説明がとても熱く(!)引きこまれながらウンウンと聞いてしまいました。楽しく、永く乗るためにはこういった製品も必要になるのかなと感じました。一度試してみようかな?

クランクブラザーズの各種ビンディングペダル。実際につあくぁれている方も多く、定番品ではありますが、個人的に気になったのは普及グレードのcandy1。

高級グレードと回転部分は同一で、樹脂ボディですので、岩などに接触した際にも引っかかりづらいことと、お求めやすい価格、カラフルなボディ。材質、構造上クリートの交換頻度はシマノ製よりも頻繁になるとのことですが、キャッチしやすい形状ですので、ビンディングペダル初心者の方にお勧めできるかなと。

会場はとても広かったのですが、ご来場の方々も多く、活気にあふれておりました。また各ブランドの担当さまの商品説明が非常に丁寧、かつ熱のこもったものでした。個々の担当がその担当するブランドの達人になるよう、入念に勉強されているとのことで、細かな質問に対しても、即座に回答くださっていたのが嬉しかったですね。特に、SR SUNTOURのサスペンションフォークについては、カタログ外の仕様であっても、場合によっては補修部品などを組み合わせてご用意できるかも!?というのが感激!多岐にわたる自転車の規格に対しても、対応できるところは対応したい、という熱い思いが伝わってまいりました。

さて、熱気が冷めないうちに、Bromptonを受け取って、別の会場へ移動いたします。お昼ご飯をどうしようかな~と考えながら(笑)。

まだまだ続きますよ。

※3月の予定はこちら → こちら

※2/28時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ 
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用・DAHON 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀