‘店主のつぶやき’ タグのついている投稿

近況ご報告。

2018 年 10 月 18 日 木曜日

おかげさまで先週末から非常に忙しくさせていただいており、誠にありがたい限りです。定例通院のおかげか、体調もなかなかええ塩梅。来週には平日MTBの会、土曜日は夜ポタリングの会、来月早々にはパンク修理講習会を予定しております。これらのイベントについても、更新が滞っていた当ブログもバンバンUPしてまいります。

昨日はミズタニ自転車さまの展示会にていろいろな新製品を見てまいりました。各営業担当の方々はもちろんですが、たまたま居合わせた前職の後輩ともしばし雑談。自転車業界だけではないのかもしれませんが、のんびりボケーとしているだけでは存続すらままならなくなってきているなと実感。皆さまからお問い合わせの多い、Brompton 2019年モデルの新色たちもじっくりと撮影してまいりましたので、後ほどアップいたします。

その後は定例の通院。久しぶりに愛車でぶらぶらと大阪市内を散策し、ちょっと遅めの昼食はお気に入りのお店で一杯。その後は輪行にて帰宅と、とても有意義な休日でした。

9/17【月・祝】御堂筋サイクルピクニック 無事終了いたしました。

2018 年 9 月 18 日 火曜日

昨日は店舗はお休みをいただいて、中之島にて「第13回 御堂筋サイクルピクニック」へ出店してまいりました。Bromptonや当店オリジナルのカスタマイズ車両、KATAE製品の展示と特価パーツの販売を行いました。

特に、Bromptonの展示はご興味を持ってくださる方が多く、実際に折りたたみ/展開を行ってみると、「おお~」というお声がちらほら。実際にご存じの方々も多くお越しくださり、「ええんやけど高いよね~」というご感想。しっかりとその理由をご説明させていただきました。

天候は曇り。時折パラパラと降ることもございましたが、それほど暑くない天候の中、ゆったりと楽しむことができました。ありがとうございました!

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※9月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON
※9/22【土】は夜映画とスパイスの会です。→ こちら

※9/10時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

9/17【月・祝】御堂筋サイクルピクニック 出店いたします。

2018 年 9 月 16 日 日曜日

明日9/17【月】は第13回 御堂筋サイクルピクニックです。当店は今回も出店いたします。御堂筋サイクルピク ニックは、「自転車の適正な利用(ちゃんと走ろう!)」と、「御堂筋に自転車レーンをつくろう」ということをPRする啓発イベントです。大阪市中之島周辺 に約300台の自転車が集まり、みんなで御堂筋などをアピール走行します。

当店は、、、と言いますと、店舗は臨時休業させていただき、会場内ブースにて、

・Bromptonの展示および折りたたみ、展開の体験
・KATAEをはじめとした当店オリジナル製品の各展示及び販売
・当店各お取り扱いブランドのカタログ配布
・特別セール商品の販売

などを予定しておりますよ。是非、みなさまお誘い合わせの上、お越しくださいませ~。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※9月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON
※9/22【土】は夜映画とスパイスの会です。→ こちら

※9/10時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

台風一過。

2018 年 9 月 5 日 水曜日

昨日の台風一過。臨時休業といたしましたが、各地の被害をニュースやSNS上で見るにつけ、心が痛みます。幸いなことに、当店と家族には被害はありませんでした。

当店向かいの街路樹が折れてしまい、すぐ近くの交差点では信号機が強風に煽られて大きく向きを変えてしまっていました。

一夜明けて、様変わりした街を見るのは辛い心境ですが、心折れることなく進んで行きたいと思います。

8/14【火】~15【水】盆休サイクリングを楽しみました②。

2018 年 8 月 19 日 日曜日

さて、前回の続きです。今回のBromptonでの走行と輪行ルートは既に決めてありましたので、朝は5時半くらいに起床、身支度と片づけを済ませて、無我さまをチェックアウトします。

歯磨きをしながら、スマホで近隣の良さげな喫茶店を2件ほどピックアップ、Googleマップで地点登録。起床してこられた別の宿泊者の方へご挨拶をして、いよいよ走り出します。

早朝の彦根市街をシャーっと走ります。昨晩の走行は夜間でしたので、よく分かりませんでしたが、整備の行き届いた印象で、路側帯が大きく走りやすいですね。

古い建物が多く、どこかしら懐かしい雰囲気。改めて訪れてみるのも良いかもしれないなーなどと考えながらペダルを回して、一件目の喫茶店へ到着すると、既に閉店されており残念、、、。気を取り直してもう一軒のお店へ走ります。

途中、アンティークを取り扱うお店も発見しましたが、さすがに開店前でしたので、こちらも地点登録して今後のおたのしみに。ほどなくして2件目に到着したものの、こちらも開店前。そりゃそうか。で彦根駅へ到着。

市街は各路線の西側にあり、予定よりもちょっと早い時間でしたので、ちょっと迂回して東側から近江鉄道の各車両をチェック。既に使用されていない220型電車、一度乗ったことがあるのですが、戦前設計のモーターを使用した吊り掛け駆動車ですから、轟音を立てて疾走する姿にとてつもない力感を感じた記憶があります。連結されている長物運搬貨車(レール用でしょうか)にも、同じ台車が流用されているようで、モーターは搭載されていませんが、車軸には大ギアが残されており、地方私鉄の懐事情なのかしら?と非常に興味深いです。

後は名物のED14型電気機関車も。大正時代にアメリカより輸入された機関車で既に除籍されており、現状は車庫にて保存されておりますが、先日も話題になりましたが、経営上の事情で、今後の去就が気になるところです。

とまあいつものごとく自転車店のブログとは程遠い、店主の趣味性が強く出てくる前に、滑り込んできた電車へ乗りこみました。

彦根駅からまずは八日市駅まで。途中の高宮駅は大きくカーブしたホームが印象的。多賀大社へ向かう路線との接続駅だからでしょうが、構内踏切もええ雰囲気でした。

八日市駅からは「赤電」に乗り換えて終点の貴生川駅まで。ここで下車し、信楽高原鉄道へ乗り換えるのですが、次の列車まで一時間近く(!)ということで一旦駅を出て、朝食でもと喫茶店でも探してウロウロしてみますが、お盆休み、、、、そりゃそうですね、と駅へ戻って素直に列車を待ちます。

貴生川駅はJRとの接続駅ですので、列車を待つ間にも上下の列車が行き交いそれほど退屈せず。ゴロゴロとディーゼル音を響かせて到着した列車に乗りこみ、先頭を確保(笑)。Bromptonは車いすスペースに置かせていただき、信楽までの車窓を満喫いたしました。

ちょっとだけ窓を開けると、ディーゼル音と排気ガスのにおい、停車駅ごとに虫の声や草いきれが舞い込んできて、なんとも緩やかな、心地よい気持ちでゆられながら信楽駅へ到着。過去の列車事故の詳細を駅構内に展示されていたり、その教訓を生かした現在の車両についての説明パネルがあり、魅入っているうちに小雨がぱらついてきました。予定ではこのまま伊賀上野まで走るつもりですので、スマホで雨雲情報をチェック。ちょっとすぐには抜けそうにないので、なにかないかなと駅のパンフレットを物色し、約1kmほど離れたところの陶芸の森、というところが面白そう!

ということで小雨の中、Bromptonを飛ばして到着。すぐに折りたたんで輪行袋へ入れ持ち運びます。受付の方に自転車置き場について尋ねると、事務局内においてくださるとのことで、お言葉に甘えさせていただき、さらに傘を貸してくださいました!ありがとうございました。

身軽になったので、雨が止むまでは美術館をゆっくりと回り(撮影禁止でしたのでご了承を。素晴らしい展示でした!)、館内のカフェ「BROWN RICE AND WATER」さまでカレーをいただきました。とても広く大きな空間と、ゆったりとしたソファ―でくつろぎながら雨宿り。スパイスが効いていますが辛くなく、信楽産の発酵玄米を使っているとのことで、食感も楽しいものでしたよ。

とか言っているうちに雨雲が抜けて、路面が乾いてきましたので、いよいよ伊賀上野を目指して走ります。ナビを起動すると約17㎞とそれほどでもない距離ですので、お気楽に参りましょ、と思っておりましたが、以前の不調からそれほど乗り込んでいませんでしたので、ペースはほどほどにしてリハビリがてらペダルを回します。幸いにも交通量がそれほど多くなかったので、のんびりと山間のサイクリングを楽しみました。途中のトンネルだけがちょっと怖い思いをしましたが、無事に伊賀上野駅へ到着。ここはJRと伊賀鉄道の接続駅。鉄道模型で再現したくなるような、頭端ホームが併設されており、何とも好ましい小駅です(ニヤリ)。

ここまでペダルを踏んできましたから、駅前の案内パネルを見ながらボトルを口にします。銭湯でもないかな~とボケーとしていると、あるではないですか!以前に雑誌で拝見した、昭和レトロ銭湯がすぐ近く。これは行かんと。

銭湯は15時からの営業、この時点で14時40分くらいでしたから、途中で通りかかった「宮﨑屋」さまにておみやげの養肝漬を購入。お店の方から観光絵地図をいただき、散策のお供に。ナビなど使わずに自転車の旅らしく、時間を気にせず行くことに。

お店の方にお礼を伝えて記念撮影。古い看板が歴史を感じさせてくれますね。城下町だからでしょうか、木造の低層家屋が非常に多く、当てもなくウロウロするだけでも非常に楽しいところ。その中にも若いイタリアンレストランがあったり、老舗の書店があったりと、生活と観光、文化が混在していて興味深いものですね。

ここからすぐ近くでしたのでサクッと到着。「一乃湯」さま。こちらも内部は撮影できませんので、外観だけでも。コンパクトながら非常に手入れの行き届いた銭湯で、中庭がええ感じでした。汗だくになったシャツを着替えていると、夕立がザーッと!おかみさんのご厚意で、地元ならではの雑誌「NAGI」を読みながら、雨宿りをさせていただきました。

先ほどの「NAGI」が非常に面白かったので、上野市駅近くの書店で最新刊を購入、この時点で17時前くらい。そろそろ帰宅のことも考えつつ、伊賀上野駅までの道中でなにか地のものを食べて帰りたいな~とBromptonでぶらぶら。

とは言え、このくらいの時間ですから開店前、というのが多いですね。まだ自転車移動がありますので、居酒屋、というのもあかんし。とりあえず伊賀鉄道沿いにウロウロ、チョロチョロとしていますと、西大手駅からすぐに、郷土料理の「田楽座わかや」さまを発見。お店の前へ到着するやいなや、お味噌の焼けるええ匂いが!!ササっと駐輪して店内へ。豆腐田楽と湯葉チップスをいただきました。なかなかリーズナブルながら、とてもおいしく、豊かな気持ちで後にいたしました。

お店を出ると薄暗くなってきました。そのまま伊賀鉄道で西大手駅から伊賀上野駅まで輪行しても良かったのですが、ちょっと前に発車したところ!単線ゆえ次の列車までかなりの時間がありましたから、Bromptonを展開して伊賀上野駅までビューン。次の列車を待つよりも早く到着(笑)。

そのまま、関西本線のキハ120型に乗車して木津駅まで。レールバスとまでは行かないまでも、ローカル運用を考慮した作りの車両やなーと感心。そこからは大和路線で天王寺まで。天王寺からは自走して帰宅いたしました。

大した距離ではありませんでしたが、久しぶりに楽しんだ鉄道自転車旅行。JRに乗れば1時間ちょっとで行ける近畿圏内でさえ、まだまだ見たことのない風景、素敵な人々、美味しいお料理などを楽しむことができそうです。店主の趣味がガッツリと盛り込まれておりましたが、皆さまの小旅行のご参考になりましたら幸いです。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※8月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※8/12時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

8/14【火】~15【水】盆休サイクリングを楽しみました。

2018 年 8 月 18 日 土曜日

おかげさまで体調も良くなりつつあるこの頃。無理をしない範囲で近所をぶらぶら、という程度には自転車に乗っていたのですが、せっかくのお休みを頂戴したこともあり、久しぶりに愛車とともに帰省がてら、ぶらりサイクリングをしてまいりました。距離的には大したことはありませんでしたが、なまっていた身体を目覚めさせるには十分以上の疲労感。各地の風景や建物、もちろん鉄道とおいしいもの、人々とのふれあいを満喫することができました。

ということで初日。妻の実家への帰省です。お子たちと私は先に出発、遠回りでの鉄道旅を楽しみながら彦根まで。通過待ちをしていると、サンライズエクスプレスが通過(!)この時間帯では通常見ることができませんので、3人ともテンションが上がりまくってしまいましたよ。

目的地は長浜なのですが、そのまま行ってしまってはツマランので、彦根~米原は近江鉄道へ乗り換え。彦根に留置されている電気機関車を見物し、ほんの4駅ほどでしたが、ローカル線を楽しみました。

再びJRへ乗り換えて長浜まで。駅からすぐ近くの蕎麦屋さん「みたに」さまで昼食。時々前を通っていたのですが、実際に入ったのは初めて。ええ雰囲気の中、美味しいおそばをいただきました。商店街にある自転車店の看板が面白い。なかなか言いづらいことですが、お気持ちは十分わかりますよ!!

そのあとはいつも立ち寄る古着店「TETRA」さまにて物色。ご挨拶もそこそこに、すぐに妻の実家へ戻りました。急ぎすぎて全く撮影していませんでした。ごめんなさい!

さて、家族が集まって墓参りののち、皆で会食。ここからは私以外の家族は実家でゆっくりしてもらって、、、ご両親へご挨拶を済ませ、いよいよBromptonを展開してライトをON。既に予約してある、彦根市内のゲストハウス無我さままで湖岸を走ります。昨年はタイミングが悪く記念撮影だけだった銭湯「山の湯」さまも是非に!とペダルに力が入ります。距離にして13㎞ほど、ちょっと風があるものの、基本的には平坦ですので、トップギアでもくるくるとペダルが回ります。

サクッと到着したものの既に営業時間外、、、、、、次回こそは。ということですぐ近くの無我さまへチェックイン。古い日本家屋を改装した清廉なゲストハウスです。

一通りのレクチャーを受け、愛車は折りたたんで部屋の外へ置かせていただくことに。ビワイチの方々でしょうか?ロードバイクが数台置いてありましたよ。

軽くシャワーののち、ぷらぷらと歩いて、事前にチェックしておいた居酒屋「かえる食堂」さまにてちょっと晩酌。自家製のレモンサワーが優しいお味ですいすい入ります。初見では地元の常連さんが集うお店、という感じでしたが、大将が気さくに話してくださって、とても楽しいひと時でした~。また訪れたいですね。

ゲストハウスへ戻って、リビングにて他の宿泊者の方々と楽しい会話。一回り以上も年の離れた方々との会話は楽しく、あっという間に消灯時間。ええご縁に嬉しい気持ちでお布団に入りました。

長くなりそうですので続きます。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※8月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※8/12時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

 

DAHON 2019年モデル 展示会へ行ってまいりました③。

2018 年 7 月 27 日 金曜日

木曜日は7/22【日】休業の代替営業でした。水曜日は定例の通院後にお子たちと久しぶりの鉄道小旅行を楽しんでまいりました。とは言え、まあ暑いこと!熱い、と表記したほうが良いくらいでしたね。

さて、ずっと継続してきたDAHON 2019年モデル展示会。いよいよ最終回です。長らくお待たせいたしました。

今回の展示会で最も目を惹いた、参考商品のLAUNCH D8という新モデル。一見しただけでは、以前に発売されていた、Vitesseと酷似したアルミフレームなのですが、フレーム中央部分のヒンジがすっきりとしております。

こちらは、新機構のJaws Hingeというヒンジ。DASHシリーズやClinchなどで定評のあるLock Jawを発展させたような、工具不要のレバー式開閉機構です。従来比約180~200%(!)にまでヒンジ部の接触面積を増やしつつ、確実に噛み合わせる構造になっております。

左】開放状態ではこのような外観。ヒンジシャフトと操作レバー部分には小さなスプリングが挿入されており、レバー解放時には常に噛み合いが開くようになっております。

折りたたみ時にはヒンジ接触面が露出します。画像では汚れているように見受けられますが、スムーズな動作のためにヒンジ接触面には薄くグリスが塗布されているためです。そのため、砂やほこりなど異物の付着・挟み込みに留意する必要がありそうですね。

中】ヒンジを閉じた状態。まだ噛み合わせは開いております。

右】少々見えづらいのですが、フレーム下部のレバー操作により、ヒンジのかみ合わせがしっかりと結合されます。フレームからの出っ張りも少なく、強固に締結されます。

また、このモデルにはBoardwalkK3と同様のDeltecワイヤーも装備。さらに前後ディスクブレーキと、至れり尽くせりのフル装備。あくまでも参考商品とのことで、現時点では2019年モデルとしてのラインナップ外と伺い、ちょっと残念。

ここまでの装備でしたら、全天候型のツーリングバイクとしての使い道が見えてきそうです。フロントディレーラー台座もあり、Speed TRのようにツーリングバイク、全天候型の通勤バイクとしての素養が見え隠れしているような気がいたします。

現時点ではオプションなどの適合は不明でしたが、リアキャリアとパニアバッグともう少し太めのブロックタイヤでも装備して、キャンプツーリングなんかに良さそうですね。今から楽しみです。

あとは、お取り扱いはございませんが、、、TERNとBREEZERの試乗をちょこっと。ボッシュの電動ユニットは車重の重さを感じさせない走りでしたし、さらりとした質感のバーテープが気になったりと、ウロウロ、ちょろちょろと見て回りました。

流石に大々的なニューモデルは影を潜めて、上記Jaws HingeやDeltecワイヤーなど、今までよりも耐久性の向上や、より安全性を向上させるための改良が多かった印象。もちろん、DAHONに限ったことではありませんが、ある程度技術の進化速度が緩やかになりつつあるのでしょう。しかしながら、それは決して悪いことではなく、もっと快適に、もっと安全に、という方向性を強く感じました。

販売店向けの資料が店頭にございますので、ご検討の方は是非ご来店くださいませ。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/23時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

 

DAHON 2019年モデル 展示会へ行ってまいりました②。

2018 年 7 月 23 日 月曜日

前回の続きです。DAHONの2019年モデル展示会での新車情報をご案内してまいります。

定番のBoardwalk D7。ボルドーとチャコールグレーは継続、新色のミストブルーとグリーンティー、ブリリアントシルバーが軽快な印象です、、、とじっくり拝見してみると、K3と同様のDeltecを搭載(!)。従来通り細身のクロモリフレームですから、ヒンジ部への負担低減効果は大きいでしょう。入門モデルにこそ新技術を取り入れてくれる辺り、嬉しいところですね。

その分、ちょっと値上げの¥62,000【税別】です。Deltecの新搭載とカラーリング以外は変更ありません。

 

次は、Lock Jawテクノロジーにより、シンプルなフレームのシルエットを有し、前2/後8段の変速とドロップハンドルを装備。折りたたみ自転車でありながら、ロングライドも視野に入れた欲張りな一台、Dash Altena。

今回はメタリックグレーと、ブリリアントシルバーの2色。個人的には、フレームにLサイズの設定がありますので、長身の方でもしっかりとポジションが出しやすいところが嬉しいところなのです。

折りたたみサイズは他車と比較してちょっと大きめなのですが、11㎏を切る軽量性、しっかりとした剛性感のあるフレーム。ある程度ご用途が明確な方へお勧めですね。¥128,000【税別】です。

続いて、同じくLock Jawテクノロジーのシンプルな車体、Dash P8です。少しスローピングしたフレームとフラットハンドル、8段変速を装備しており、剛性感の高い車体で、街を軽快にクルージングできそうです。フレームに対してブラックアウトされた各部品のコントラストが楽しい。カラーはフロスティホワイト、タンジェリン、無いとブラックの3色。¥89,000【税別】です。

個人的に気に入ったのが、このフロスティホワイトのカラーリング。光沢のあるアイボリー地に、DASHのロゴはグレイ、P8は深いパープルにて表現!この辺のセンスが格好よいな~と思いました。

さて、最後は2019年モデルとしては唯一の16インチモデル、Curve D7です。今回はぐっと落ち着いたカラーリングへ変更されての登場。上段から、オプシディアンブラック、ルビーレッド、スティールグレイです。こちらもスペック変更はなく、定番化した印象がございますね。マッドガードとダブルチェーンリングガードも装備され、普段使いに最適かと。¥71,000【税別】です。

さて、また長くなりましたので、続きます。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/23時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

DAHON 2019年モデル 展示会へ行ってまいりました①。

2018 年 7 月 20 日 金曜日

今週の火曜日はお休みを頂戴し、当店での折りたたみ自転車の定番、DAHONの2019年モデル展示会へ行ってまいりました。自宅より南海なんば駅までBromptonにて自走。向かいのホームではこうや号を発見し、テンションが上がります。

ということで、中百舌鳥駅からすぐの会場入り。既に他店の方々が市場なり商談なりを進めているような状況。パッと見ただけでも熱気にあふれながらも、どこかしら柔らかな空気が漂っています。

受付で資料をいただき、まず目を通しながらNewモデルをチェックします。気になった各車を撮影してまいりましたので、私見を交えながら、ずらっと記してまいりますよ。じっくりとご覧くださいませ。

まずはK3。2019年モデルの先行発売ですから、もちろん変更点などはございません。現時点では専用のセンタースタンドが未発表なので、発売されているかな~と期待していたのですが、展示車体に装備されていたのは仮の製品でした。オーナーの皆さま、今しばらくお待ちくださいませ。¥82,000 【税別】です。

次は、当店でもご好評のDove Plus。新色はスパーキーレッド。ソリッドな赤色ですが、これくらい小さな車体では、それほど派手すぎないですね。ちょっと前に限定発売された、グリッターとグランドネイビーも継続。¥76,000【税別】です。

そして、Mu SLXはカラー変更。ゴールドは高級感ありますね。さらに、2015年にごくわずかな台数のみ発売された、Clinchが再登場。フロントフォーク形状が見直されましたが、Lock Jawテクノロジーによる剛性の高いフレームと、角断面形状のステム。試乗してみましたが、かなりの剛性感!Mu  SLXの圧倒的な軽量性で走行性能を向上させるのとはまた異なる趣向。451ホイールの安定感、車体剛性の高さで、ガンガン走る方向けですね。気になる重量は11.3㎏、¥167,000 【税別】です。

アルミフレームに20段変速、ロードバイクのサブバイクとしての人気も高い、Visc EVOはカラー変更とフレームの意匠変更。スムースウェルドではなくなり、武骨な印象です。

カラーは、ずっと継続生産されてきた、マンゴーオレンジがなくなり、エナメルブルー(台上)、ミッドナイト(右手前)、ブライトシルバー(台上のフレームのみ)の3色に。10.9㎏、¥127,000 【税別】です。

Horizeは通常のVブレーキ仕様がなくなり、Horize Discのみへ。マリンブルーという新色が目にも鮮やか。¥92,000【税別】

その代わりということでしょう、Muシリーズが復活。2019年モデルとしては、Mu D9というグレードとしてで、20×1.75のちょっと太めのタイヤと9段変速で、従来のVブレーキ仕様のHorizeよりは少し上位機種、という位置づけ。アイスホワイトとクイックシルバーの2色、¥88,000【税別】です。

定番のSpeedfalcoはカラー変更のみ。ライムグリーン、クールグレー、フラッシュレッド、マットブラックの4色です。12.0㎏、¥82,000【税別】です。

個人的にはフラッシュレッドとクールグレーが好印象ですが、みなさまはいかがでしょうか?これらのカラーリングの車体に、スモールブロックタイヤなんかを履かせてみると、格好良さそうやな~と思いつつ眺めておりました。

このあたりの車体はほとんど完成されてしまっているのでしょうから、あえてカラーリング変更にとどめ、販売価格を据え置きにしてくれているのも好印象ですね。

 

2018年に復活し、当店においてもご好評だったCiao。2019年も引き続き生産されますが、こちらもカラーリング変更のみ。

そのフレーム形状から、どうしても女性的な印象を受ける車体ですが、ステップスルー形状のメリットを享受するべく、今回はよりシックな雰囲気のカラーリングとして、性別を問わずにお使いいただけるようにシフトしてきております。

その辺りは実際に販売店さまやお客さまのお声を反映して下さっているのでしょう。マットブラックとマルーンの2色、2台並んでいるとその質感とカラーの対比が美しく、グッと高級感が増した印象。12.1㎏、¥76,000 【税別】です。

長くなってきましたので、次の記事へ続きます。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/6時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

サツマアカガイ。

2018 年 6 月 22 日 金曜日

さて、先日ご紹介のDAHON K3の記事、当店なりの解釈にてじっくりと向き合ったところ、おかげさまで大変嬉しいご感想を多数頂戴し、書いた本人が驚いている次第です。ありがとうございます。

水木と定休日を頂戴し、水曜日は定例の通院。こちらもおかげさまで完調までもう少し、というところまで来ております。木曜日は友人の美容院でカット、ビールを飲みながら同級生と楽しい語らいののち、家族全員でホタル観賞へ行ってまいりました。充実したお休みでした。

ということで気持ちを切り替えての本日。DAHON輸入元のアキボウさまと電話にて雑談。K3のDeltecワイヤー調整方法など確認と今後の展開などすり合わせ、KHSさまとも電話にて雑談、今後の展開をすり合わせ。伺った印象では、業界全体はあまりよろしくない空気感が漂っているようなのですが、そんな空気はどこ吹く風、いつも通りのんびりとした当店。ふらりとお立ち寄りくださったお客さまと、自転車の状態についての会話を楽しんでおりました。

さて、話は変わって。

今は自動車を所有しておりませんので、訪れたことはありませんが、とある自動車修理・販売店のブログをよく覗いています。所謂自動車メカニックと称する方への、とても辛辣な文面が躍っております。それはもう、こちらがちょっと気後れしてしまうくらいの内容(笑)。他を寄せ付けない知識と技術があるが故なのですが、その圧倒的な技術で、多数のお客さまがご来店されているようです。60~80年代の外国車がほとんどなのですが、その一台一台へ真摯に取り組む姿勢!!非常に参考にさせていただいております。

画像は全く関係ございませんが、水曜日の昼食でいただいた、サツマアカガイの塩焼き。なかなか市場へ出ることはないそうですが、美味でございました。当店のような零細店舗の生き残る道は、この辺りのポジショニングなのかな?と感じたここ数日。あ、サツマアカガイをご一緒して下さる方は店主までご一報くださいませ。(男不問です)

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※Brompton Sバッグキャンペーン中 → こちら
※Brompton VOLT400 発売記念キャンペーン中 → こちら

※6月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車

※6/17時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents