‘店主のつぶやき’ タグのついている投稿

DAHON 2019年モデル 展示会へ行ってまいりました③。

2018 年 7 月 27 日 金曜日

木曜日は7/22【日】休業の代替営業でした。水曜日は定例の通院後にお子たちと久しぶりの鉄道小旅行を楽しんでまいりました。とは言え、まあ暑いこと!熱い、と表記したほうが良いくらいでしたね。

さて、ずっと継続してきたDAHON 2019年モデル展示会。いよいよ最終回です。長らくお待たせいたしました。

今回の展示会で最も目を惹いた、参考商品のLAUNCH D8という新モデル。一見しただけでは、以前に発売されていた、Vitesseと酷似したアルミフレームなのですが、フレーム中央部分のヒンジがすっきりとしております。

こちらは、新機構のJaws Hingeというヒンジ。DASHシリーズやClinchなどで定評のあるLock Jawを発展させたような、工具不要のレバー式開閉機構です。従来比約180~200%(!)にまでヒンジ部の接触面積を増やしつつ、確実に噛み合わせる構造になっております。

左】開放状態ではこのような外観。ヒンジシャフトと操作レバー部分には小さなスプリングが挿入されており、レバー解放時には常に噛み合いが開くようになっております。

折りたたみ時にはヒンジ接触面が露出します。画像では汚れているように見受けられますが、スムーズな動作のためにヒンジ接触面には薄くグリスが塗布されているためです。そのため、砂やほこりなど異物の付着・挟み込みに留意する必要がありそうですね。

中】ヒンジを閉じた状態。まだ噛み合わせは開いております。

右】少々見えづらいのですが、フレーム下部のレバー操作により、ヒンジのかみ合わせがしっかりと結合されます。フレームからの出っ張りも少なく、強固に締結されます。

また、このモデルにはBoardwalkK3と同様のDeltecワイヤーも装備。さらに前後ディスクブレーキと、至れり尽くせりのフル装備。あくまでも参考商品とのことで、現時点では2019年モデルとしてのラインナップ外と伺い、ちょっと残念。

ここまでの装備でしたら、全天候型のツーリングバイクとしての使い道が見えてきそうです。フロントディレーラー台座もあり、Speed TRのようにツーリングバイク、全天候型の通勤バイクとしての素養が見え隠れしているような気がいたします。

現時点ではオプションなどの適合は不明でしたが、リアキャリアとパニアバッグともう少し太めのブロックタイヤでも装備して、キャンプツーリングなんかに良さそうですね。今から楽しみです。

あとは、お取り扱いはございませんが、、、TERNとBREEZERの試乗をちょこっと。ボッシュの電動ユニットは車重の重さを感じさせない走りでしたし、さらりとした質感のバーテープが気になったりと、ウロウロ、ちょろちょろと見て回りました。

流石に大々的なニューモデルは影を潜めて、上記Jaws HingeやDeltecワイヤーなど、今までよりも耐久性の向上や、より安全性を向上させるための改良が多かった印象。もちろん、DAHONに限ったことではありませんが、ある程度技術の進化速度が緩やかになりつつあるのでしょう。しかしながら、それは決して悪いことではなく、もっと快適に、もっと安全に、という方向性を強く感じました。

販売店向けの資料が店頭にございますので、ご検討の方は是非ご来店くださいませ。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/23時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

 

DAHON 2019年モデル 展示会へ行ってまいりました②。

2018 年 7 月 23 日 月曜日

前回の続きです。DAHONの2019年モデル展示会での新車情報をご案内してまいります。

定番のBoardwalk D7。ボルドーとチャコールグレーは継続、新色のミストブルーとグリーンティー、ブリリアントシルバーが軽快な印象です、、、とじっくり拝見してみると、K3と同様のDeltecを搭載(!)。従来通り細身のクロモリフレームですから、ヒンジ部への負担低減効果は大きいでしょう。入門モデルにこそ新技術を取り入れてくれる辺り、嬉しいところですね。

その分、ちょっと値上げの¥62,000【税別】です。Deltecの新搭載とカラーリング以外は変更ありません。

 

次は、Lock Jawテクノロジーにより、シンプルなフレームのシルエットを有し、前2/後8段の変速とドロップハンドルを装備。折りたたみ自転車でありながら、ロングライドも視野に入れた欲張りな一台、Dash Altena。

今回はメタリックグレーと、ブリリアントシルバーの2色。個人的には、フレームにLサイズの設定がありますので、長身の方でもしっかりとポジションが出しやすいところが嬉しいところなのです。

折りたたみサイズは他車と比較してちょっと大きめなのですが、11㎏を切る軽量性、しっかりとした剛性感のあるフレーム。ある程度ご用途が明確な方へお勧めですね。¥128,000【税別】です。

続いて、同じくLock Jawテクノロジーのシンプルな車体、Dash P8です。少しスローピングしたフレームとフラットハンドル、8段変速を装備しており、剛性感の高い車体で、街を軽快にクルージングできそうです。フレームに対してブラックアウトされた各部品のコントラストが楽しい。カラーはフロスティホワイト、タンジェリン、無いとブラックの3色。¥89,000【税別】です。

個人的に気に入ったのが、このフロスティホワイトのカラーリング。光沢のあるアイボリー地に、DASHのロゴはグレイ、P8は深いパープルにて表現!この辺のセンスが格好よいな~と思いました。

さて、最後は2019年モデルとしては唯一の16インチモデル、Curve D7です。今回はぐっと落ち着いたカラーリングへ変更されての登場。上段から、オプシディアンブラック、ルビーレッド、スティールグレイです。こちらもスペック変更はなく、定番化した印象がございますね。マッドガードとダブルチェーンリングガードも装備され、普段使いに最適かと。¥71,000【税別】です。

さて、また長くなりましたので、続きます。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/23時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

DAHON 2019年モデル 展示会へ行ってまいりました①。

2018 年 7 月 20 日 金曜日

今週の火曜日はお休みを頂戴し、当店での折りたたみ自転車の定番、DAHONの2019年モデル展示会へ行ってまいりました。自宅より南海なんば駅までBromptonにて自走。向かいのホームではこうや号を発見し、テンションが上がります。

ということで、中百舌鳥駅からすぐの会場入り。既に他店の方々が市場なり商談なりを進めているような状況。パッと見ただけでも熱気にあふれながらも、どこかしら柔らかな空気が漂っています。

受付で資料をいただき、まず目を通しながらNewモデルをチェックします。気になった各車を撮影してまいりましたので、私見を交えながら、ずらっと記してまいりますよ。じっくりとご覧くださいませ。

まずはK3。2019年モデルの先行発売ですから、もちろん変更点などはございません。現時点では専用のセンタースタンドが未発表なので、発売されているかな~と期待していたのですが、展示車体に装備されていたのは仮の製品でした。オーナーの皆さま、今しばらくお待ちくださいませ。¥82,000 【税別】です。

次は、当店でもご好評のDove Plus。新色はスパーキーレッド。ソリッドな赤色ですが、これくらい小さな車体では、それほど派手すぎないですね。ちょっと前に限定発売された、グリッターとグランドネイビーも継続。¥76,000【税別】です。

そして、Mu SLXはカラー変更。ゴールドは高級感ありますね。さらに、2015年にごくわずかな台数のみ発売された、Clinchが再登場。フロントフォーク形状が見直されましたが、Lock Jawテクノロジーによる剛性の高いフレームと、角断面形状のステム。試乗してみましたが、かなりの剛性感!Mu  SLXの圧倒的な軽量性で走行性能を向上させるのとはまた異なる趣向。451ホイールの安定感、車体剛性の高さで、ガンガン走る方向けですね。気になる重量は11.3㎏、¥167,000 【税別】です。

アルミフレームに20段変速、ロードバイクのサブバイクとしての人気も高い、Visc EVOはカラー変更とフレームの意匠変更。スムースウェルドではなくなり、武骨な印象です。

カラーは、ずっと継続生産されてきた、マンゴーオレンジがなくなり、エナメルブルー(台上)、ミッドナイト(右手前)、ブライトシルバー(台上のフレームのみ)の3色に。10.9㎏、¥127,000 【税別】です。

Horizeは通常のVブレーキ仕様がなくなり、Horize Discのみへ。マリンブルーという新色が目にも鮮やか。¥92,000【税別】

その代わりということでしょう、Muシリーズが復活。2019年モデルとしては、Mu D9というグレードとしてで、20×1.75のちょっと太めのタイヤと9段変速で、従来のVブレーキ仕様のHorizeよりは少し上位機種、という位置づけ。アイスホワイトとクイックシルバーの2色、¥88,000【税別】です。

定番のSpeedfalcoはカラー変更のみ。ライムグリーン、クールグレー、フラッシュレッド、マットブラックの4色です。12.0㎏、¥82,000【税別】です。

個人的にはフラッシュレッドとクールグレーが好印象ですが、みなさまはいかがでしょうか?これらのカラーリングの車体に、スモールブロックタイヤなんかを履かせてみると、格好良さそうやな~と思いつつ眺めておりました。

このあたりの車体はほとんど完成されてしまっているのでしょうから、あえてカラーリング変更にとどめ、販売価格を据え置きにしてくれているのも好印象ですね。

 

2018年に復活し、当店においてもご好評だったCiao。2019年も引き続き生産されますが、こちらもカラーリング変更のみ。

そのフレーム形状から、どうしても女性的な印象を受ける車体ですが、ステップスルー形状のメリットを享受するべく、今回はよりシックな雰囲気のカラーリングとして、性別を問わずにお使いいただけるようにシフトしてきております。

その辺りは実際に販売店さまやお客さまのお声を反映して下さっているのでしょう。マットブラックとマルーンの2色、2台並んでいるとその質感とカラーの対比が美しく、グッと高級感が増した印象。12.1㎏、¥76,000 【税別】です。

長くなってきましたので、次の記事へ続きます。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※7月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車 DAHON

※7/6時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

サツマアカガイ。

2018 年 6 月 22 日 金曜日

さて、先日ご紹介のDAHON K3の記事、当店なりの解釈にてじっくりと向き合ったところ、おかげさまで大変嬉しいご感想を多数頂戴し、書いた本人が驚いている次第です。ありがとうございます。

水木と定休日を頂戴し、水曜日は定例の通院。こちらもおかげさまで完調までもう少し、というところまで来ております。木曜日は友人の美容院でカット、ビールを飲みながら同級生と楽しい語らいののち、家族全員でホタル観賞へ行ってまいりました。充実したお休みでした。

ということで気持ちを切り替えての本日。DAHON輸入元のアキボウさまと電話にて雑談。K3のDeltecワイヤー調整方法など確認と今後の展開などすり合わせ、KHSさまとも電話にて雑談、今後の展開をすり合わせ。伺った印象では、業界全体はあまりよろしくない空気感が漂っているようなのですが、そんな空気はどこ吹く風、いつも通りのんびりとした当店。ふらりとお立ち寄りくださったお客さまと、自転車の状態についての会話を楽しんでおりました。

さて、話は変わって。

今は自動車を所有しておりませんので、訪れたことはありませんが、とある自動車修理・販売店のブログをよく覗いています。所謂自動車メカニックと称する方への、とても辛辣な文面が躍っております。それはもう、こちらがちょっと気後れしてしまうくらいの内容(笑)。他を寄せ付けない知識と技術があるが故なのですが、その圧倒的な技術で、多数のお客さまがご来店されているようです。60~80年代の外国車がほとんどなのですが、その一台一台へ真摯に取り組む姿勢!!非常に参考にさせていただいております。

画像は全く関係ございませんが、水曜日の昼食でいただいた、サツマアカガイの塩焼き。なかなか市場へ出ることはないそうですが、美味でございました。当店のような零細店舗の生き残る道は、この辺りのポジショニングなのかな?と感じたここ数日。あ、サツマアカガイをご一緒して下さる方は店主までご一報くださいませ。(男不問です)

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら折りたたみ

※Brompton Sバッグキャンペーン中 → こちら
※Brompton VOLT400 発売記念キャンペーン中 → こちら

※6月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー 自転車

※6/17時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

10周年を迎えることができました。

2018 年 6 月 1 日 金曜日

6月1日。ちょうど10年前の今日、この地で当店はオープンいたしました。定休日明けの金曜日ですし、いつもの常連さまがふらりと立ち寄ってくださる。コーヒーをいただきながら、雑談を楽しむ。

通りがかりの方やご近所の方、一般車の修理もチラホラ。こちらもいつも通りの風景。

昨日はお客さまと一緒に、久しぶりのMTBトレイル散策でした。近鉄上本町から愛車を輪行して生駒界隈まで。最寄駅からはひたすら上り、お気に入りの場所へ。これまたお気に入りのSVEA123Rが発する燃焼音と、流れるせせらぎの音と、読みかけの宮脇俊三さんの旅行記。小さなフォールディングベンチに腰かけて、温かいコーヒーを飲みながらトレイルで待ち合わせ。走った距離は大したことないのですが、より自分なりのスタイルが明瞭になってきているのが嬉しいのです。

私が自転車にのめりこんだきっかけが、高校一年生の時に買ったMTBなのですが、よりさかのぼれば、幼少から続く鉄道好きからでした。中学生の時に「もっときれいな鉄道写真が撮りたい!もっと遠くへ行きたい!」という、当時の自分なりに調べ、考えた結論が、どこでも走行可能なMTBを輪行して、旅行先での移動手段にする、という選択肢でした。

当初は鉄道写真撮影や鉄道旅行のついで、というMTBが、だんだんとMTBを楽しむための輪行、と変化してきました。アルバイト代をつぎ込んでは部品類を交換したり、テントを購入したりして、その都度走り回っていましたが、それほどまでに入れ込みつつも、まさかこうやって職業にするとは思いもよりませんでした(笑)。

改めて、ちょうど一年前の9周年の際に自分で記した記事を読み返すと、ぼんやりとした目標設定をしていたなと恥ずかしくなりました。現時点でも低空飛行であることには変わりないのですが、達成度合いを推し量ることができないのであれば、あまり意味がなかったなと今は感じています。

10周年を機に、より明確な目標設定をいたします。

①HPの刷新→現在の閲覧環境へにあわせて、より見やすく。
②KATAEの新製品→自分たちが欲しい!と思えるサイクルキャップを製品化
③店内作業ピットのレイアウト変更→より効率的な作業を行うことができるように!

さて、11周年を迎えるときに、どこまで実現できているのか?これからが楽しみです!もちろん、オリジナル商品の充実も、楽しみながらやっていきたいところです。

昨日のトレイル散策から、道の駅で買ってきた空豆と、今日のお祝いに、お客さまからいただいた黒舞昆と、最近お気に入りの日本酒。家族が寝静まってから、一人じっくりとこの10年をかみしめております。

ここまで続けることができて、本当に良かったと感じています。

これからも何卒よろしくお願いいたします。

Brompton サドルレール形状に見る改善。

2018 年 2 月 22 日 木曜日

本日はとても良い一日。本日はお越しくださったお客さまと、とても楽しくお話をさせていただきました。お客さまとの距離感は人それぞれですので、これがベスト!とは簡単には言えないのでしょうが、決して安価ではない商品であり、メンテナンスなどでお付き合い時間は長くなることも多いのですから、当店のスタイルとしては、これでええのかなとも思っております。ありがとうございました!

さて、上の画像です。常連さまのBromptonのサドルレールが折損したとのことで、現行製品へ交換させていただきました。旧型(上)と現行製品(下)を比較してみると、固定されている水平部分からグッと上方へ曲がっている部分の角度が異なるのがお分かりでしょうか?画像ではちょっとわかりづらいのですが、、、実物では明確に異なっておりますよ。

旧製品はほぼ直角に立ち上がるのに対して、現行製品はより緩やかな角度とカーブ具合なのです。今回の破損はちょうど曲げられている角部分でしたので、より力が集中しづらい、曲率の緩やかなカーブ形状になされていることに、お客さまと一緒に「うーん!!」と唸った次第。

商品価値を高めるための意匠変更だけではなく、しっかりと機能面でもアップデートされていることが素晴らしいと思います。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※2/24【土】 夜ポタリングの会です → こちら

※2月の予定はこちら → こちらarbour バブアー

※2/20時点での在庫はこちら→こちら※旧モデルセール中です。大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

1/24【水】~1/25【木】東京遠征でした (その②)

2018 年 2 月 4 日 日曜日

さて、ご好評の東京遠征レポートですが、2日間の別記事を挟んでの更新です。既に情報としては最新ではなくなっている部分もございますが、そこはご了承いただけましたら幸いです。

ライトウェイさまの展示会場は北千住駅そば。サクッとBromptonを輪行袋へ入れて会場入り。各ブランドの新製品・おすすめ品などの展示を見て回ります。もちろん、ここでも私目線にて気になったものをご紹介いたします。

右】まずはSRサンツアーのサスペンションフォーク。私も愛用しておりますが、コストパフォーマンスは申し分なし。BOOST規格、27.5+/29兼用品が増えてきておりますね。

中】次はライトウェイさまオリジナルのラック。浅めのカゴ形状で底板は竹集成材を使用。ステー類が豊富に付属いたしますので、取り付けの自由度が高いです。

右】クランクブラザーズのシューシールド。クリートによる靴底へのダメージを軽減してくれます。

上】フレーム保護シール。安価で適度な厚さ。光沢があるのでマット仕上げの自転車には似合いませんが、ええ製品。スタンド各種は取り付け用のステー形状に一工夫。適応する車種が多くなるように配慮がなされております。サイクルデザイン製のバイクパッキング用バッグ類。安価ながら他社製品をよく研究しているな、と好印象でした。

下】シートクランプですがキャリアダボが。工夫次第で積載の幅が広がりそう。

この日はライトウェイさまとは別に、「サイクルパーツ合同展示会」も開催されておりましたので、足早に(自転車ですが)会場を後にして向かいます。途中では偶々HD300が入れ替え作業中でしたのでパチリ。実際に動いている姿を見たのは初めて。結構静かですね~。

とか何とか言っているうちに北千住から東京都立産業貿易センター台東館 へ到着。Bromptonを折りたたんで持ち込みます。

左】CATEYEさまの既存製品たち。実は最初に就職したのはこちらでした。久しぶりに津山社長とお会いできましたので、近況のご報告などゆっくりとお話しすることができました。ありがとうございました!

中】NITTOさまの新型ステム。所謂オールドスタイルのMTBなどに良さそうですね。右】いつも大変お世話になっております、RINDOWさまのオリジナル車。おしゃれですね~。当店でもお取り扱いを開始予定です。

左】RINDOW様お取り扱いのグリップ。イタリア製でクラシカルな雰囲気です。中】右】SHOWA製のリアキャリアへ取り付ける浅型ラック、CZ-01。いろいろなものが積載できそうです。

左】中】クワハラバイクワークスさまのブースでは27.5+のフレームとソロテントが!一般的なアルミ製ポールではなく、空気を入れて膨らませるポールを使用するので、比較的コンパクトにまとまります。設営に時間がかかりそうですが、軽量性との兼ね合いでどう判断を下すか?

右】星工業さまの新型スポーク。特殊加工により破断強度をUP!独特なブラウンカラーも格好良いです。サンプル手配中です。

左】センタン工業さまの各種バスケット。アルミ製の製品は外観も洗練されていて、自転車の雰囲気がグッと変わりそうです。右】今回最も盛り上がったのが日泉ワイヤーさまの各種アウター類。今までありそうでなかったクラシカルな雰囲気です。全く同じサンプル確認用ボードが入荷済み。店頭にてご覧いただけますよ。

左】Yurisさまのお取り扱い、インダストリーナイン。一度は使ってみたい製品です。中】イギリスのパイプドリーム。きれいな作りとシンプルなグラフィックが格好良いです。右】こちらはドイツのTune。こちらは軽量性重視の造作のようです。

左】RinprojectさまのBrompton用輪行袋。チェック柄は可愛らしいのですが、収納サイズはちょっと大きめです。

ササっと会場を回りましたが、建物の5/6/7階をすべて詳細に回るのは結構大変で、先のライトウェイさまと同日開催。しかもこちらは17時までだったので、なかなかじっくりと拝見できずでした。今後はどうなるのか?業界の状況を肌で感じることができる、またとない機会ですから、できるだけ参加したいところですが、ここまでバタバタしてしまうと、じっくり楽しめないな、、、というのもあるし。出店業者さまの搬入・搬出のご事情もあるのでしょうから、次の対策を考えましょ。

ということで、上京の際のお楽しみ、夕食のお店までBromptonを走らせました。

まだ続きますよ。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※2月の予定はこちら → こちらarbour バブアー

※2/4時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

1/24【水】~1/25【木】東京遠征でした (その①)

2018 年 1 月 30 日 火曜日

さてさて、先週火曜日の営業終了後から木曜日まで、愛車とともに東京遠征へ行ってまいりました。ライトウェイプロダクツジャパンさまの「P&Aショー」と、「サイクルパーツ合同展示会」のためでしたが、悪天候が予想されたため、ギリギリまでどうしようかと悩んでおりましたが、少しでも見分を広げておこう!ということで急遽、宿と列車を予約、楽しみながら行ってまいりました。

Facebookinstagramではちょこちょことアップしておりましたが、店主独断目線たっぷりの小旅行気分でお読みいただければ幸いです。

火曜日の閉店後、ササっと片付けてから、軽く夕食を食べて愛車の最終点検。その後は森ノ宮駅までビューンと。大阪環状線で輪行して大阪駅へ。0:34発のサンライズエクスプレスへ乗車します。今回はB寝台ソロを利用。これよりも安価で小さなお部屋や、特急料金だけで利用できるノビノビ座席、というのもあるのですが、個室ですと、各扉へ暗証番号によるロックが設定でき安心です。

読みかけていた本とちょっとええビール、おつまみも購入して、寝台列車の旅を満喫いたしました~。

さて、翌朝の7:08に東京駅着です。サクサクっと撮り鉄タイム(お子たちからのリクエストがありまして)ののち、愛車を展開して自走です。E235系の正面はスマホの画面みたいやなあ、、、。まだラッシュ前の東京駅は閑散としていて、前日までの雪も車道上は問題なし。ちょっと不慣れな東京の道路ですが、自転車用の道路標示も整備されており、大阪よりはかなり走りやすい印象です。

しばらく走って上野駅の近く、「燕湯」さまにて朝風呂を。こちらは朝6:00から営業しているせいか、平日のこんな時間帯でも、なかなかの混雑。噂にたがわぬ熱いお湯で心から温まり、さっぱりとした後はそのまま北上して三ノ輪橋駅へ。展示会の開場まではまだ時間がありますので、鉄分を補給しながら北上してまいりますよ。

途中の浅草寺で記念撮影をしたり、少しだけお上りさん気分も味わいつつ、ちょっと迷いつつも、無事に三ノ輪橋駅へ到着。ここは最新の低床電車も良いのですが、折角ですから吊りかけ式の古き良き電車を狙いたいところ。数本やり過ごして乗車したのはレトロな外観の7700型。期待して乗り込みましたが、台車や制御機器は更新されていて新車みたいな感じでちょっとだけ拍子抜け。どうやら、7000型の車体を流用した車両みたいです。ちょっと残念でしたが、これはこれでええ雰囲気。ゴトゴトと走る都電を楽しみながら、荒川車庫にて下車して、プチ撮影会。路面電車好きとしてはたまりませんね。

その後は都電には乗らずに北千住を目指して北東へ進みます。そういえば、朝から何も食べていなかったな、と付近の喫茶店を検索して見つけたのが、「モカ」さん。自動車とオートバイが大好きなオーナー、おいしい厚切りトーストとホットコーヒーをいただきながら、エンジン談義を楽しみましたよ。

で、ぶらぶらと走って、開場5分ほど前に到着いたしました。このままでは旅行レポートだけになっていまいそうですが、肝心の展示会はこの続きで。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※Brompton 購入2大特典キャンペーン → こちら

※1月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー

※1/29時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

憧れ。

2018 年 1 月 14 日 日曜日

昨晩は常連のお客さまとたくさんのお話ができました。私一人の当店が何とかやってこられていること、常々感謝しても足りないくらいです。何とか知恵を絞り、目標への向きは定まりましたが、まだまだ遠く、もどかしい感じ。新しい年になり、気になっていたあれこれを相談に乗っていただき、自分の考えを再確認できた気がいたします。

小さな店だからこそできること。

人生の先輩として、これからも背中を追いかけたいと思える方との出会い、心から嬉しく思い、感謝しております。いつの日か、自分もそう思っていただけるだけの器を持ち合わせたいものです。

いつもありがとうございます。

※画像は今日のお客さま、しめ飾りの稲穂がお目当てみたい。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※Brompton 購入2大特典キャンペーン → こちら

※Brompton 2017年モデル試乗車の販売 → こちら

※1月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー

※1/13時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents

えべっさんへ行ってまいりました。

2018 年 1 月 12 日 金曜日

昨日は定休日でしたので、お客さまと待ち合わせ、一緒に今宮戎へ行ってまいりました。例年よりも早い時間帯だったせいか、今年は例年以上の人人人。長い行列に並んで福笹をお返しして、商売繁盛を祈願してまいりました。

個人的に毎年楽しみにしておりますのが、お参り道に出展されている、Dr.シンさんのワンコイン占いだったのですが、今年は最終日だったせいか、既に帰られたのか?屋台が見当たらず!残念ですが、こればかりは仕方がありません。新世界界隈まで歩いて移動して軽く引っ掛けてから、電車で帰宅いたしました。今年もコツコツとやってまいります。

※Brompton FAG製BB 自主回収のお知らせ → こちら

※Brompton 購入2大特典キャンペーン → こちら

※Brompton 2017年モデル試乗車の販売 → こちら

※1月の予定はこちら → こちらBarbour バブアー

※1/7時点での在庫はこちら→こちら大阪 ブロンプトン BRUNO 折りたたみ
※当店オリジナル・ミニベロ完成! → こちら ダホン 和歌山 奈良 ミニベロ ブルーノ
※当店オリジナル Brompton 用フロントハブ【DAHON 用は完売いたしました】 → こちら MTB 小径 おりたたみ 滋賀 M5 recumbents